PAGETOP

Fumio Akiyama Gallery

秋山 文雄 アートギャラリー

PROFILE

【略歴】
<1990>
京美会理事。「舞妓」ニース市収蔵品となる。

<1992>
日本水彩画会理事。京美会ニース、イギリスバース展。

<1995>
9月5日より第2回MBSギャラリー展。8日 毎日放送「宵待5」に特別出演し、舞妓や風景画など放送される。

<1996>
8月1日_4日 スロバキアにて国際交流展。出品30点のうち、大統領、国立放送局長それぞれお買上げ(「舞妓」60号)。大統領より特別賞としてメダルを賜る。
9月1日 水彩画集出版。フランス総領事、美術館長、その他多数ご来賓・ご出席賜り、記念パーティー開催。

<1997>
3月 岐阜県美術文化賞。
丸善神戸元町店、広島本通店、大阪天満橋松坂屋店、大阪心斎橋店にて個展開催。

<1998>
丸善福岡ビル店3Fギャラリー、仙台一番町店、大阪心斎橋店にて個展開催。
10月14日_11月29日 加藤栄三・東一記念美術館にて画業60年展開催。
10月21日 岐阜テレビ「ラブラブワイドぎふTODAY」に特別出演し、展覧会などについてのインタビュー放送される。

<1999>
1月13日_18日 丸善岡山シンフォニービル店にて京舞妓百人展。
5月9日_15日 丸善日本橋本店にて個展開催。

<2002>
日本水彩画会審査員(31回目)。

<2003>
6月22日_7月3日 第21回ヨーロッパ気ままのスケッチ旅行(ハンガリー)。
8月10日_16日 第127回個展開催。
12月15日_平成16年1月16日 第128回個展開催。

<2004>
1月1日_7日画廊鮎にて第129回個展開催。

【経歴】
東京高等師範学校卒業。
仙台一中、岐阜高女、本巣高校、加納高校、揖斐高校勤務。昭和56年退職。
満願寺住職(法住寺兼務)。

絵への意欲 衰え知らず

 岐阜市御望の一軒家を改造したアトリエ。画材でいっぱいのこの場所が最も気が休まる。絵のほとんどは塗り直しができない水彩画。一筆ずつ思いを込めて振るった絵は、ヨーロッパの街並みや京都の舞妓など様々。評価も高く、個展は130回近くを数える。
 黒野村(現岐阜市)出身。周囲の風景、少年雑誌の切り抜き、友人の肖像画…。子どもの頃から目につくものは何でも描いてきた。
 1941年、東京高等師範学校(現筑波大学)に入学。自己流だった絵を「やっと本格的に学べる」喜びに浸る間もなく太平洋戦争が始まり、勤労動員にかり出された。道路工事や稲刈りなど、絵から遠ざかること4年。「本当に悔しい」と今も心残りだ。
 卒業後、郷里に戻り高校の美術科教員になった。「自分のような思いを生徒にはさせたくない」と、指導に取り組み、63年には県立加納高校で県内初の美術科の設立に携わった。当時はまだ選択科目という考えが強く、「美術だけ学んで何のためになる」と陰口をたたかれたことも。初代美術科長として教員集めから始めた同科も、今では1500人以上の卒業生を送り出した。
 退職後、日本水彩画会理事などを歴任。アトリエには、多くの生徒が訪れる。「(先生に)会うだけで癒される」と口をそろえる。来年には80歳記念の個展を開く。「まだまだ。次は米寿(88歳)記念だよ」。意欲は衰えを全く知らない。

(朝日新聞2003年12月12日より)

INFORMATION

インフォメーションはありません

INQUIRY

秋山 文雄へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha