PAGETOP

藤森久一油絵展理想の美を追い求める−「淑」の新作展

2015年10月1日 〜 2015年10月7日

日本橋三越本展本館6階

藤森 久一

場所:東京都中央区日本橋室町1-4-1日本橋三越本展本館6階

TEL:03-3241-3311

 わずかにうつむく顔、または彼方を望み、ときに背を向ける。藤森久一(1944年生まれ、ル・サロン会員)の描く女性たちはその多くが表情の一部しか明らかにせず、目の前に存在しながらも手の届かない、「美の化身」のようにも思える。
 画家ははじめ二科展に出品し、特選、パリ賞などを受賞(88年同会退会)。80年代には歴史あるフランスの展覧会、ル・サロンにて金賞、銀賞の評価も得ている。93年には倉敷市立美術館で自選展を開催、同年には紺綬褒章を受賞。2000年以降は日本橋三越本展での発表を軸とし、今回が同会場では7回目の個展開催となる。
 2000年の個展以降、全作品のタイトルは「淑」の一文字。説明的な要素を省き、鑑賞者ができるだけ純粋に画面と対峙できるよう苦心してきた。同じ題ながら、一作一作に画家の理想が投影され、異なる魅力をたたえている。
 出品は、前回の日本橋三越本展での発表(2011年)以降に制作された約20点。やわらかな光や美しく滑らかな曲線、そして画家特有の気品は、実作を前にしてこそのものである。ぜひ会場へ。