PAGETOP

創造力と想像力 Part2第8回「時代の眼」展

2015年7月13日 〜 2015年7月18日

ギャルリー志門

尾崎 悦子

場所:東京都中央区銀座6-13-7新保ビル3F

TEL:03-3541-2511

FAX:03-3541-2512

 絵画は「今」を生きなければならない。アーチストの拠って立つ足場は、いま現在の生きている時代である。
 絵画もこの社会のいまを、いまの時代の社会を描く。もともと絵画は、幻影の芸術である。鮮烈なイメージや精妙な色彩の喚起力で新しい世界を切り拓いてゆく。カンディンスキーは言う。「芸術はその時代の子であり、われわれの感情の母である」。時代の子のもつ時代の眼で、いまの時代精神を造形化する。アーチストの精神の内景が、見る者に想像力のダイナミズムを与えるような作品を期待している。(あかつ ただし)