PAGETOP

[公募] 第9回 ART IN THE OFFICE 2016 – 平面作品案募集!マネックス証券 アーティストと企業の物語が交わるプレスルーム

2016年2月15日 〜 2016年4月7日

マネックス本社プレスルーム(東京都千代田区)

ART IN THE OFFICEは、現代アートの分野で活動する新進気鋭のアーティストをサポートする公募プログラムで、今年で9回目となります。

平面作品の展示プランを募集し、受賞アーティストの作品をマネックス証券(以下「マネックス」)のプレスルームに約1年間展示します。審査は、アート界、ビジネス界、それぞれの分野の第一線で活躍するプロフェッショナル5名によって行われます。受賞者には、賞金を授与し制作費を支給する他、「現代アートの学校MAD」の受講資格が与えられます。

受賞アーティストは、マネックスの取材対応や重要な会議が行われるプレスルームで作品制作と展示を行います。制作期間中の社員との交流は、自分の作品をいつもとは違う角度から捉えるきっかけともなるでしょう。設立当初より次代の金融ビジネスのあり方を模索してきたマネックスのオフィスで、あなた自身も新たな表現に挑戦してみませんか。

公募の詳細および応募書類につきましては、
「ART IN THE OFFICE」オフィシャルサイト 
(http://www.a-i-t.net/ja/projects/artintheoffice/)
をご覧ください。

■実施概要
応募期間:  2016年2月15日(月)- 4月7日(木) ※当日消印有効
審査:  4月下旬
受賞者発表: 5月中旬
作品制作: 6月 (約2週間)
 ※ オフィスでの滞在制作は必須ではありません
 ※ 展示期間は2017年5月まで(予定)
 ※ 社員を対象としたミニアーティストトークやワークショップを行います
レセプション: 9月
※ 作品を掲載したマネックスのオリジナル・ノベルティを招待者に贈呈します

■審査員
塩見 有子 (NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]理事長)
成毛 眞  (HONZ代表 兼 株式会社インスパイア取締役ファウンダー)
野村しのぶ (東京オペラシティアートギャラリー キュレーター)
松本 大  (マネックス証券株式会社代表取締役会長CEO)
藪前 知子 (東京都現代美術館学芸員)

■賞
■ 賞金30万円、制作費10万円
  ※交通費・素材費・運搬費・施工費を含む
■ マネックス証券本社プレスルームでの作品展示 (2017年5月まで予定)
■ マネックス、マネックスのグループ会社およびAIT のウェブサイト、プレスリリースやメールマガジンにおける展示紹介。その他、マネックスのオリジナルノベルティや親会社マネックスグループのアニュアルレポートへの利用等
■ 「現代アートの学校MAD2016」(AIT主催)の無料受講

たくさんのご応募をお待ちしています!