PAGETOP

二日間の集中講座「Socially Engaged Art – 芸術表現のメカニズムから紐解く人と人の関わり」

2016年9月9日 〜 2016年9月11日

代官山AITルーム

場所:東京都渋谷区猿楽町30-8 ツインビル代官山 B-403

9月開講の集中講座「MAD WORLD vol.3:Socially Engaged Art – 芸術表現のメカニズムから紐解く人と人の関わり(講師:森弘治(美術家・マサチューセッツ工科大学[MIT]客員研究員)」のご案内です。
マサチューセッツ工科大学(MIT)にて客員研究員として研究に従事している森弘治氏と、変容していく社会について、アートを介して考えてみませんか。
IT やインターネット環境の発達により毎日の生活がさらにスピードを増し、私たちは時間や場所を問わない世界に生きています。私たちのコミュニケーションの在り方はコンピューターやVR(仮想現実)などの装置を通し、現実のような架空のような「実体(リアリティ)」のつかめないものに変容していくのではないでしょうか。それゆえ変容する人々の関係性を考えたとき、現実か非現実かという比較ではなく、「実体(リアリティ)」を得られる方法をそこに考えることはできないでしょうか。

[講座内容]
●「実体(リアリティ)を感じる作品」として、社会に介入する芸術家たちの作品を参照し、彼らの表現のメカニズムを紐解きながら、作品にまつわる物語や表現方法について考察。
● グループに分かれ「実体を生み出す装置」をプロトタイプとして制作し、そこから立ち上がった体験を通して、より実感の得られるコミュニケーションやコミュ ニティの在り方について探るためのワークショップ。
●生み出した装置を使い、日々、私たちが生活している環境や状況、あるいは未来の出来事を想定し、物語を語り直す手法を用いて人と人の関係について考えていく。
[参考文献]ミシェル・フーコー『ユートピア的身体/ヘテロトピア』、ヴィクター・パパネック『生きのびるためのデザイン』、アウグスト・ボアール『被抑圧者の演劇』

[日時]
2016年9月9日(金)、9月11日(日)*2日間
第1回:9月9日(金)19:00−20:30 「Socially Engaged Art (社会に介入する芸術)について / 事例から読み解く表現のメカニズム」
第2回:9月11日(日)11:00−12:30 「ワークショップ/コミュニケーションの在りかたと問題意識の共有」
第3回:9月11日(日)13:30−15:00 「ワークショップ/ 装置(プロトタイプ)の開発と制作」
第4回:9月11日(日)15:15−16:45 「ワークショップ/プレゼンテーションとして物語を紡ぎ出す」

[講師プロフィール]
森 弘治 :美術家、2016年3月よりマサチューセッツ工科大学(MIT)にて客員研究員としてマルチ・メディア・ジャーナリズムとデータ・ビジュアライゼーションの関係について、またアートの実践教育についての研究に従事

[概要]
主催:NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ[AIT/エイト]
定員:20名(先着順)
受講料:1)一般18,000円(税別)
2)学生/MAD受講生・修了生/AITメンバー 17,100円(税別)
*お茶とお菓子付き

[お申し込み方法]
mad@a-i-t.net宛てに、タイトルを「MAD WORLD vol.3参加希望」とし、お名前(ふりがな)、御所属(学校名、会社名・役職等)、お申し込みの種別、ご連絡先電話番号、お住まいの都道府県名を明記し たお申込メールをお送りください。追って、AITよりお振込先等をお知らせします。

[詳細]
http://mad.a-i-t.net/program/madworld/v3/#more-650