PAGETOP

松岡コレクション 美しい人びと

2017年1月24日 〜 2017年5月14日

松岡美術館

場所:東京都港区白金台5−12−6

TEL:03-5449-0251

FAX:03-5449-0252

女性の美しさを強調して描かれた美人画は江戸時代の浮世絵に始まるもので、日本画で盛んに描かれた主要な画題のひとつです。本展では美しい女性が描かれた作品だけではなく、『美しい人びと』というテーマで裾野を広げ、美男が描かれた作品も出品いたします。また、後期展示の《桜舟・紅葉狩》は修復を終えて、初の展示となります。徳川幕府の御用絵師 狩野探幽の愛弟子 久隅守景とその娘である清原雪信、京都の円山応挙とその流派である円山四条派を学んだ上村松園、東京の鏑木清方・伊東深水など、江戸時代から明治、大正、昭和の画家たちによって追求された美しい人びとをお楽しみください。

※3月22日より絵画作品の一部入れ替えがございます。
※後期展示期間中、「SEITEI〜渡辺省亭—蘇る!孤高の神絵師」の連携企画展示として、展示ケースの一部に、館蔵の渡辺省亭作品を5点出展いたします。