PAGETOP

須藤和之 新進日本画家展 −季節を渡る風−

2017年1月28日 〜 2017年2月14日

場所:東京都港区北青山2-3-1シーアイプラザB1F

TEL:03-5772-2913

須藤和之 新進日本画家展
−季節を渡る風−

主催:伊藤忠商事株式会社
協力:図書印刷株式会社
会期:2017年1月28日(土)〜2月14日(火)
開催時間:11:00〜19:00 会期中無休
会場:伊藤忠青山アートスクエア(東京都港区北青山2丁目3−1シーアイプラザB1F)
入場料:無料

伊藤忠青山アートスクエアでは、「須藤和之 新進日本画家展 −季節を渡る風−」を開催します。須藤和之は、身近な小さな生き物を中心として、季節と風をテーマに日本画を制作してきました。岩絵の具の豊かな色彩で描かれた、確かにそこに流れていると感じる風、小さな生き物たちが織りなす生命の息吹は、忘れかけた童心を思い起こさせ、優しさの溢れた慈愛の世界を感じさせます。
また、須藤和之は、1300年の歴史を持つ、法相宗大本山薬師寺の新管主に就任された村上太胤師が、記念に発行した、新著「仏法の種まき」の表紙絵を描くなど、近年活躍の場を画壇以外にも大きく広げています。本展覧会では、この表紙装丁画のために制作した原画作品も初公開すると共に、村上太胤管主の法話を行うなど、各種イベントも開催致します。
新進気鋭の日本画家・須藤和之の、日本の四季と共に寄り添う「風」を会場にてぜひご堪能ください。

〈 プロフィール 〉

須藤和之すとう かずゆき/ 日本画家

〈 略歴 〉

1981年 群馬県生まれ
2005年 多摩美術大学絵画学科日本画専攻卒業
2007年 東京藝術大学大学院 修士課程 文化財保存学保存修復日本画修了
(修了作品 買い上げ)
2010年 東京藝術大学大学院 博士課程 文化財保存学保存修復日本画博士課程修了
(博士審査作品 お仏壇のはせがわ賞特別賞)
現 在 日本美術院院友 慶應義塾大学非常勤講師
〈賞歴〉
2006年 第3回前田青邨記念大賞展 奨励賞(以降2008年入選)
再興第91回院展 初入選(以降09・10・11・12・13・14・15・16年入選)
2007年 第62回春の院展 初入選(以降08・09・14・16年入選)
2009年 有芽の会 日本更生保護協会理事長賞受賞

イベントカレンダー

1月29日(日) 16:30〜17:30
法話 「仏法の種まき」 薬師寺・村上太胤管主
定員:50名 参加料:無料
仏さまは古来、人々に「こころのたね」を説きつづけ、蒔き続けてきました。
「私たちはいかに生きればいいのか」について、やさしく語りかけます。

2月11日(土) 14:00〜15:30
ワークショップ 「天然鉱石を砕いて岩絵具を作る」
定員:10名 参加料:1,000円
天然鉱石の孔雀石を砕いて、日本画を描く際に使われる緑青色の岩絵具を作り、
その岩絵具で日本画を描きます。

2月12日(日) 14:00〜15:30
ワークショップ 「ステンシルで描く日本画」
定員:10名 参加料:1,000円
絵や模様の形に切り抜いた型紙と、スポンジや海綿を使って日本画を描きます。

イベントの申し込み方法:事前予約制となります。お電話にてお申込みください。
【お申し込み・イベントについての問い合わせ】
伊藤忠青山アートスクエア
TEL:03-5772-2913