PAGETOP

松﨑和実展

2018年9月18日 〜 2018年9月29日

Hideharu Fukasaku Gallery Roppongi(ヒデハルフカサクギャラリー六本木)

場所:東京都港区六本木7-8-9 深作眼科ビル1F・B1

この度、Hideharu Fukaskaku Gallery Roppongi では、「箔画」と言って、美濃和紙に箔を貼り、その上から絵具で主題を描き、それをガラスに貼り付けたものである松﨑和実氏の展覧会「松﨑和実展」を開催いたします。
ジャンルとしては水墨画で水墨画の前衛として国際展にも出品していた松﨑氏は、箔に魚を描きそれを切り抜くという現在の技法を確立し「箔画」家として鮮烈に登場、以来着実に歩を進めています。
 今展について、『-水を描かずしていかに表現できるか-そこから独自の表現方法の模索が始まりました。水を描かずして表現するうえでモチーフとなる魚は存在感と共に躍動感も必要でした。魚の光沢感を出すべく取り入れたのが箔。そして描き上げたモチーフを切り抜き、浮かして額装することにより浮遊感をだしました。この独自に構築したこの技法を始めて10年以上。本展ではいろいろな水にまつわる生き物をモチーフに作品を描いてみました。魚たちが織り成す「水」を感じ取っていただけましたら幸いです。』と松﨑氏は語ります。
 箔絵と呼ばれる新しいジャンルの作品を通して繊細で奇妙なリアリティーを感じていただける展覧会となっております。