PAGETOP

宮下圭介展

2015年5月30日 〜 2015年6月14日

ぎゃらりー由芽

場所:東京都三鷹市下連雀4-15-2-101

TEL:0422-47-5241

FAX:0422475241

12:00~19:00 木曜休廊

制作過程は、身にまとわりついた「感覚の秩序」のようなものを解体し、新たなものに変換する行為だと思うが、それはそう容易ではない。
しかし、制作の意識的な操作の持続の中で身体が反応し、身体自ら操作を決定していくような瞬間がやってくることがある。身体が巻き込まれるような感覚であったり、振動するような感覚だ。制作の持続を促していくのは、このような官能的な瞬間があるからだ。隠蔽されていた触覚性が目覚め、視覚に新たな変換が起きている瞬間かもしれない。結果として現れた相は1点1点異なり、それがまたつぎの制作を促していく。

キャンバスにアクリル10号~30号の作品ほか、小品合わせて20点余りを展示

宮下圭介
1944年 長野県に生まれる
1968年 信州大学教育学部美術科卒業
1968年 行動美術協会展
1972年 Bゼミ修了
1975、1976、1977年 点展
1986年 安曇野現代彫刻展
1990年 現代日本木刻フェスティバル
1991、1993、1996、2001、2002、2003年 眼の座標 
1993、1996年 ポイント ナウ 
1997年 「地平」5人の美術家による
1999年 さまざまな眼105 (かわさきIBM市民ギャラリー)
2008年 「独り+35人の原風景」展
2009年 第2回日米国際作家交流展 (ロサンゼルス)
2012年 清閑亭現代美術展
2015年 「再構築の空間」展などのグループ展出品

その他、田村画廊、真木画廊、ギャラリーQ、日辰画廊、たましんギャラリー、かねこ・あーとギャラリー、ギャラリー檜、沼津市庄司美術館などで個展開催。今回で44回目の個展。