PAGETOP

Takashi Hagi Gallery

萩 駿 アートギャラリー

PROFILE

1958年 全国公募団体 新象作家協会 入会
     日本美術家連盟 入会

1970年 日本美術教育学会 入会

1984年 第10回日仏現代美術展 ロイユ賞 受賞

1993年 第15回日仏現代美術展 アート・よみうり賞 受賞

1997年 第19回日仏現代美術展 アート・よみうり賞 受賞

スペイン国立プラド美術館芸術家会員

第1期 19世紀近代美術の追体験創作期
    兵庫県美術家同盟展受賞
    二紀会展入選

第2期 具象絵画から抽象絵画に転じ美術文化協会を経て、純粋抽象公募団体
    「新象作家協会」の創立に参加 第1回受賞を経て会員に推挙
    オプティカル蜒Aート、反転構造を経て「万物の本質はパラドックスである」
    という結論に到達した
    パラドックスは生命の本質でもあると確信

第3期 絵画は造形言語を用いてパラドックスを表現する時、永遠の生命体となる

INFORMATION

インフォメーションはありません

INQUIRY

萩 駿へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha

作品名 UNIVERS(宇宙)ワインレッド イエローオーカー ロイヤルヴァイオレット
サイズ 60.6×72.8
画 材 油彩 アクリル
完成年 1997年
価 格 非売品
解 説 万物の存在の本質は絶対矛盾の自己同一である この作品は絶対矛盾である陰と陽、プラスとマイナス、秩序と反秩序などを造形言語である形や色彩や明暗や反転構造を用いて表現し作品そのものが生命体として生き続けることを願う    フランス・ユネ近代美術館よりグランプリ ルビーなき十字大綬シュバリエ勲章受く
作品名 UNIVERS(宇宙)ターコイズグリーン・ロイヤルヴァイオレット・イエロー・ホワイト
サイズ 72.8×91
画 材 油彩 アクリル
完成年 2000年
価 格 ¥900,000-
解 説 万物の存在の本質は絶対矛盾の自己同一である この作品は絶対矛盾である陰と陽、プラスとマイナス、秩序と反秩序などを造形言語である形や色彩や明暗や反転構造を用いて表現し作品そのものが生命体として生き続けることを願う  
作品名 UNIVERS(宇宙)ターコイスグリーン・ロイヤルヴァイオレット・ホワイト
サイズ F100号
画 材 油彩 アクリル
完成年 2001年
価 格 ¥1,500,000-
解 説 万物の存在の本質は絶対矛盾の自己同一である この作品は絶対矛盾である陰と陽、プラスとマイナス、秩序と反秩序などを造形言語である形や色彩や明暗や反転構造を用いて表現し作品そのものが生命体として生き続けることを願う    2001年、大阪市立美術館長奨励賞受賞
作品名 UNIVERS(宇宙)ワインレッド・ロイヤルヴァイオレット・イエローオーカー・ホワイト
サイズ F100号
画 材 油彩 アクリル
完成年 2002年
価 格 ¥1,000,000-
解 説 万物の存在の本質は絶対矛盾の自己同一である この作品は絶対矛盾である陰と陽、プラスとマイナス、秩序と反秩序などを造形言語である形や色彩や明暗や反転構造を用いて表現し作品そのものが生命体として生き続けることを願う
作品名 UNIVERS(宇宙)ターコイスグリーン
サイズ 113.0×146.5
画 材 油彩 アクリル
完成年 1994年
解 説 万物の存在の本質は絶対矛盾の自己同一である この作品は絶対矛盾である陰と陽、プラスとマイナス、秩序と反秩序などを造形言語である形や色彩や明暗や反転構造を用いて表現し作品そのものが生命体として生き続けることを願う
作品名 UNIVERS(宇宙)ロイヤルヴァイオレット
サイズ 180.0×180.0
画 材 アクリル
完成年 1995年
解 説 万物の存在の本質は絶対矛盾の自己同一である この作品は絶対矛盾である陰と陽、プラスとマイナス、秩序と反秩序などを造形言語である形や色彩や明暗や反転構造を用いて表現し作品そのものが生命体として生き続けることを願う   
作品名 UNIVERS(宇宙)ワインレッド
サイズ 131.2×162.0
画 材 アクリル
完成年 2001年
解 説 万物の存在の本質は絶対矛盾の自己同一である この作品は絶対矛盾である陰と陽、プラスとマイナス、秩序と反秩序などを造形言語である形や色彩や明暗や反転構造を用いて表現し作品そのものが生命体として生き続けることを願う