PAGETOP

Junzo Yuki Gallery

由城 順造 アートギャラリー

NEW UPDATA

由城順造 展

10:30~19:30(最終日16:00迄) ☆KOBEのまん中ウインドアート! 三宮センター街 ジュンク堂書店 正面

インフォメーション一覧

PROFILE

The origin of living things had not come out yet, the shapes of them neither. Nobody knew how to call them, how they were acting. (Kojiki ”Record of Ancient Matters”, 712 A.D., Japan). The earth was waste and void; and darkness was upon the face of the deep. (The Book of Genesis, 515 B.C. – 333 B.C., Middle East).

The works of Mr. Junzo Yuki, being in front of me, always remind me of these words above. Though it is certainly that there are many differences of opinion and of philosophy between Western people and Eastern people, I, having little knowledge, construct the meaning of these words as vagueness or chaos in the process of existence and alteration. Science must have brought the existence of object into the world which people, having lived in the era Kojiki or The Book of Genesis had appeared, had in themselves, but the true meanings in those words have not been cleared yet, and they will never be solved. Nevertheless, it is supposed that Mr. Yuuki might have tred to express vagueness and chaos which are thought not having even stream of time, that is, the process of existance and alteration of the objects through his works, as he stands up to what is inside of himself.

I have ever heard that he basically uses Japanese papers, acrylic resin, paste, and copper powder, moreover, mordant is also added into his works.

Indeed, his works represented with this kind of execution have texture and great depth enough to reveal what the author intends, but the mixture of copper powder with mordant within the process of execution can be considered as dismissal from his right to accomplish his works. If my inference would be regarded as correct, he might attempt not only to express image of existence and transformation, but also to produce stream of eternity from his origination.
 
 
LIFELINE
2013
 Art Santa Fe 2013 7/11~14 (アメリカ・ニューメキシコ州・サンタフェ コンベンションセンター)
 http://www.artsantafe.com
 ”Nagai-rose and Sculpture” Exhibition (Nagai park / Osaka)

2012
 長居・バラと彫刻展 (長居公園/大阪)
 Exhibition (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)
 T-BOX MIX展(T-BOX/東京)
 国際アートブリッジ交流展2012
 第43回 花と彫刻展 (靭公園/大阪)

2011
 Exhibition (神戸波止場町TEN×TEN/神戸)
 第42回 花と彫刻展(靭公園/大阪)
 ケベック 日本国際交流展(ギャラリー イロハ/堺)

2010
 長居・バラと彫刻展 (長居公園 / 大阪)
 Exhibition (ギャラリー サーカス・サーカス / 神戸)
 Exhibition(T-BOX / 東京)
 第41回 花と彫刻展(靭公園/大阪)

2009
 長居・バラと彫刻展 (長居公園/大阪)
 Exhibition (神戸波止場町TEN×TEN/神戸)
 第40回 花と彫刻展(靭公園/大阪)
 Realization 2009 Exhibition (Gallery Simada/Kobe)

2008
 長居・バラと彫刻展 (長居公園/大阪)
 第53回 全関西展 彫刻部門 佳作 (大阪市立美術館/大阪)
 Exhibition (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)
 第39回 花と彫刻展 (靭公園/大阪)
 Realization 2008 Exhibition (Gallery Simada/Kobe)

2007
 対話 2007 (ギャラリー 島田/神戸)
 第53回 全関西展 (大阪市立美術館)
 Exhibition (T-BOX/東京)
 Exhibition (神戸波止場町TEN×TEN/神戸)
 第38回 花と彫刻展 (靭公園/大阪)

2006
 対話 2006 (サンパルギャラリー/神戸)
 Exhibition (神戸波止場町TEN×TEN/神戸)
 Exhibition (T-BOX/東京)
 Exhibition (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)

2005
 対話 2005 (ギャラリー オスカー/神戸)
 できるだけ展 (T-BOX/東京)
 第22回 天理ビエンナーレ (天理市)
 Exhibition(T-BOX/東京)

2004
 二人展 (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)
 Exhibition (T-BOX/東京)
 Exhibition (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)
 T-BOX MIX展 (T-BOX/東京)

2003
 二人展 (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)
 吉原治良美術コンクール展 (大阪府立現代美術センター)
 第21回 天理ビエンナーレ (天理市)
 T-BOX MIX展 (T-BOX/東京)
 Exhibition (T-BOX/東京)

2002
 Exhibition (T-BOX/東京)
 第8回 長崎新美術展 奨励賞 (長崎県立 美術博物館)
 T-BOX MIX展 (T-BOX/東京)
 Exhibition (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)

2001
 アートフェスティバル (マイカル三田)
 T-BOX MIX展 (T-BOX/東京)
 Exhibition (ギャラリー炎舞/名古屋)

2000
 Exhibition (ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)
 Exhibition (T-BOX/東京)
 第18回 伊豆美術祭 絵画公募展 (伊東市観光会館)
 さかいでアートグランプリ 2000 (坂出市民美術館)
 第53回 芦屋市展 (芦屋市立美術博物館)
 「思考 V-生成」展 (シティーギャラリー/大阪)
 T-BOX MIX展 (T-BOX/東京)
 2000 アート・ギャザー展 (サンパルギャラリー/神戸)

1999
 Exhibition(馬皿/神戸)
 Exhibition(ギャラリー静かな向かい風/兵庫県飾磨郡)
 Exhibition(グリュイエール/茨城県笠間市)
 Exhibition(T-BOX/東京)
 T-BOX MIX展(T-BOX/東京)
 二人展(イリス/長崎)
 99 アート・ギャザー展(サンパルギャラリー/神戸)
 第6回 長崎新美術展 奨励賞 (長崎県立博物館)
 第17回 伊豆美術祭 絵画公募展 (伊東市観光会館)
 第52回 芦屋市展 *ジャパンエンバ賞 (芦屋市立美術博物館)
 第28回 現代美術展 (東京都美術館、京都美術館)
 99 兵庫の美術家 (兵庫県立 近代美術館)

1998
 Exhibition(グリュイエール/茨城県笠間市)
 二人展(イリス/長崎)
 98 アート・ギャザー展(サンパルギャラリー/神戸)
 Exhibition(T-BOX/東京)

1997
 Exhibition(ギャラリー炎舞/名古屋)
 Exhibition(ギャラリー サーカス・サーカス/神戸)
 Exhibition(T-BOX/東京)
 和紙で造る あかりとオブジェ展(小手毬/兵庫県加東郡)

1996
 イレブン展~’95セレクション~(Oギャラリー/東京)
 Exhibition(T-BOX/東京)
 Exhibition(シティーギャラリー I・M/大阪)

1995
 WE ARE HERE 展(シティーギャラリー/神戸)
 三人展~アートにおける癒しを考える~(ギャラリー炎舞/名古屋)
 Exhibition(信濃橋画廊 エプロン/大阪)
 Exhibition(Oギャラリー/東京)

1994
 Exhibition (ギャラリー銀座 SAN BAN KAN/東京)

1993
 Exhibition (信濃橋画廊 エプロン/大阪)

1992
 Exhibition (シティーギャラリー/神戸)

INFORMATION

由城順造 展

更新日:

2015年3月19日 〜 2015年3月24日

三宮HATENA

場所:兵庫県神戸市中央区三宮町1-9-1センタープラザ1階

URL:http://3nomiya.info

TEL:078-393-3358

10:30~19:30(最終日16:00迄)
☆KOBEのまん中ウインドアート!
三宮センター街 ジュンク堂書店 正面

由城 順造 公式ホームページのご案内

更新日:

INQUIRY

由城 順造へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha