PAGETOP

Keibun Ogawa Gallery

小川 啓文 アートギャラリー

PROFILE

地域と歴史についての関心は自己認識への一歩である。斯くてその彼方にこそ普遍性を見る。私にとって、紙はそれへの希望と連なる宇宙の光りそのものの場なのだ。その存在は光合成の結果により生れ、天日によって完成し、人間の欲求を満たして人類に価値あるものを遺す。私は世界の東方の人々により発明された紙を愛し、書画同源の文化を支持する。時として生ずる余白の美は、紙が天空の美に匹敵する独自の美を其処に現出させてくれる。

1928年 東京都出身
      戦后近代絵画理論を滝口修造に、日本美術、
      特に琳派を谷信一に、実技を山岡良文に学ぶ
1948年 歴程展 入賞
1950年 丸木位里と共に墨と岩彩による日本画で、油絵の団体「自由美術」に入選を果たす
1961年 全日本県展選抜展で文部大臣賞を受ける
1985年 アトリエを箱根山麓に移す。
      日本美術院の吉井東人兄弟と三人展を東京で十年間続ける
1995年 中国・上海出身の呉一馬其(水墨画家)との親交始まる
2003年 イタリア・ローマにて日本現代墨絵展に出品

INFORMATION

インフォメーションはありません

INQUIRY

小川 啓文へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha

作品名 戦争が始まった日に
サイズ 72.8×60.6cm
画 材 紙・岩絵具・墨
完成年 2003年
作品名 渓山来春
画 材 絹本水墨
完成年 2006年
解 説 フランス・バルボンヌアートフェア出品作品
作品名 逢来山
画 材 絹本水墨
完成年 2006年
解 説 フランス・バルボンヌアートフェア出品作品