PAGETOP

Hideki Matsushima Gallery

松島 英樹 アートギャラリー

PROFILE

Current
Looking for new possibilities of paintings as well as improving Color Light
Changing Painting core-competence.
(Color Light Changing Painting)

Color Llght Changing Painting is a new world I coined to save the trouble of telling a long story about my brand-new art any time. Generally in cup conventional arts, the three color elements – hue, brightness and saturation – are fixed, and appreciators are expected to see each image head-on under fixed light sources. Namely it is “Static”appreciators. On the other hand, Color Light Changing Painting technique gives movement to the three elements of the color on paintings offering a wide as the painting tools, and actively changing the quality, intensity and angle of light on them and the eye level of appreciators, which have been previously fixed. Color Light Changing Painting allows appresiators-participation-type and highly “dynamic” appreciation.

2009
Solo Exhibitions CASO(Contemporary Art Space Osaka) 1 December~6 December

2003
Displayed approx. 30 paintings in the Exhibition for the Three Winners of the 2nd Takeo Takei Memorial Japan Pictures for Children Award on March 14 April 14
At Irufu Doga Museum in Okaya City

2001
Grand Prix, the 2nd Takeo Takei Memorial Japan Pictures for Children Award Selected for the 4th French Contemporary

2000
Mayor of Ashiya Award, “My Scenes of Ashiya” Exhibition, Ashiya City Museum of Art & History

1993
Selected for “Impressionists Kobe” Art Exhibition, Kobe City Museum
The Kobe earthquake completely destroyed and burned my house. At the same time I lost all my houses.
When I had a narrow escape from the earthquake, I learned the value of being alive and developed a strong desire to leave Some traces of my life. To bring a new type of art to the world, I created lots of prototypes, and finally arrived at the idea of incorporating hologram, lame and plastic into my art at the end of the goth century.
Thus the first Color/Light Changing Painting was born.

1968
Born in Kobe Hyogo
I was a member of a Painting Club in my school days, and also I spent time on my own in libraries Studying art techniques.

[ 1968年 ]
兵庫県神戸市に生まれる
学生時代は絵画部に在籍。他に図書館などを利用し、独学で絵を学ぶ。

[ 1993年 ]
神戸市立博物館「印象神戸」絵画展 入選

[ 1995年 ]
阪神淡路大震災にて自宅が全壊全焼。全ての作品を焼失。
その際、自信も九死に一生を得た為、生きる事のありがたさを知ると同時に、自分の生きた痕跡を残したいとの強い思いに駆られ、今までにない新しいタイプの絵画をこの世に誕生させるべく、数多くの試作品を描いた末、20世紀末にホログラム、ラメ、プラスチックなども使用した最初の色光変化絵画を完成。

<色光変化絵画の説明>
その都度説明すると長くなるので、勝手に私が作った造語ですけれども、いままでの絵画は一般に、色の3要素である、色相、明度、彩度が固定され、ある一定の光の下で真正面から1つのイメージを見るといった「静」的な鑑賞法であったが、この絵画では、画材にホログラム、ラメ、プラスチックなども使用し、今までは固定されるべきであった作品を照らす光の質、量、角度、また見る人の目の位置をあえて積極的に変化させる事で、画面上の色の3要素がさまざまに変化し、それにより変化する多数のイメージを見る事が出来る。
鑑賞者参加型の極めて「動」的な鑑賞が可能な絵画。

[ 2000年 ]
芦屋市立美術博物館「わたしの芦屋風景」展 芦屋市長賞

[ 2001年 ]
第2回 武井武雄記念 日本童画大賞 大賞

[ 2003年 ]
3/14-4/16 日本童画大賞 上位3賞受賞者展 約30点展示
長野県岡谷市 イルフ童画館にて など。

[ 2008年 ]
シンガポールアートフェアー出品

[ 2009年 ]
個展 CASO・海岸通ギャラリー(Y室) 12/1~12/6

[ 現在 ]
色光変化絵画の改良と同時に、更なる絵画の新しき可能性を模索中である。

INFORMATION

松島英樹展

更新日:

2010年3月15日 〜 2010年3月27日

URL:http://www.geocities.jp/hidekimatusima

3574

松島 英樹 展

更新日:

第60回 芦屋市展

更新日:

第6回 はるひ絵画トリエンナーレ

更新日:

色光変化絵画の世界へ

更新日:

INQUIRY

松島 英樹へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha