PAGETOP

Masahiro Gallery

まさひろ アートギャラリー

PROFILE

自由に描けたらいいなと思って勝手な自分に納得する絵を描こうとしています。
浮かんだ発想や情感が、もし表現できたら最高、と思って描いているのですが、
しぜん自然に、心象風景的なものが多くなって、ときに気ままな天女のいる風景を描いたりしています。

創作画人協会会員

<画歴>
[1999年]
創展奨励賞「ミロンガ・イン・ブエノスアイレス」
[2001年]
創展創作画人協会賞「天女まどろむ」
[2002年]
ハート・アート・イン・メキシコ/日墨芸術祭
名誉作家認定証「タンゴ炎」
[2003年]
上海双龍祭・中日美術作品交流展上海大華褒賞「天女の昼寝」
美の革命展・イン・ルーブル/カルーゼル・ドゥ・ルーブル・グランプリ「タンゴ心の会話の場合」
[2004年]
A.M.S.C 現代日本代表芸術家賞「白い夢」
環アジア教育芸術家交流展 交流者楯「ブルースがきこえる」
芸術空間展ベストクリエイティブ賞「タンゴポニーテールの娘」
画文集”女人展画”発行
(美研インターナショナル発行、星雲社販売)
[2005年]
AΩザ・アーチスト・オブ・アルティメイト・リジェンド
「タンゴ心の会話の場合」
国際芸術家大賞「雲の上の結婚式」
芸術空間展優秀賞「酒場で天女夢を見る」
[2006年]
ネオ・ジャポニズムinタヒチ2006 タヒチ大統領賞
「元気で行ってこいよぉ」
”色與光”・日本美術家叢書(上海書画出版社発行)に収載
「天女と渡り鳥は友達」ほか

INFORMATION

インフォメーションはありません

INQUIRY

まさひろへのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha

作品名 音がひろがる
サイズ F10号 縦長
画 材 キャンバス・油彩
完成年 2004年
解 説 ピアノの音色が空気を振るわせながらひろがって行く。だんだん、それは薄れ、次に生まれる音が重なる。絵をみてくれた友人が、「いい色合いの抽象だね」と、咄嗟に言いかけて、「音なのか、ご婦人がピアノを弾いている。音が色になるときはやはりメロディーになるのかな」といたずらっぽく振り返る。「もしそんな風に行ったらいいんですがねぇ」、と答えるでもなくつぶやく。
作品名 鳩と少女
サイズ F8号 縦長
画 材 キャンバス・油彩
完成年 2003年
解 説 伸び伸びと子らが大きくなってほしいと思って描いた。 締まった表情で、剽軽さもあるようににあがらないものかと苦しんでいるとき、ふと少女の方に小鳩がとまることになった。 小さな生き物がその風景に加わると、主人公の顔つきも心なし誇らしげになったかなあと思えた。 生きたものが共にいると言うことはやはり大切なんだな。
作品名 タンゴ ポニーテールの娘
サイズ F20号 横長
画 材 油彩
完成年 2002年
解 説 タンゴは言わずと知れたブエノスアイレスの踊りである。 同じ曲でもカップルによって違った踊りになるし、音楽のノリが違えば同じ踊子でもこれまた違った踊りになる。本来即興なのだそうだから、これ以上自由なアートはない。 絵も本来そう云うものだと思う。アルゼンチンタンゴの自由な雰囲気が出れば、と描いてみた。
作品名 赤い部屋
サイズ F8号
画 材 キャンバス・油彩
完成年 2000年
解 説 裸婦デッサンのあと眺めていたら、周辺になにか色が欲しくなって、ふと赤系の絵具を入れてしまう。飾りも加わって結局、赤い空気の部屋になった。 赤と云う色の雰囲気は意味無限だ。安らぎもある。情念みたいな空気もかもし出すし、トーンによっては淋しさも生む。 人は、一生、赤い色に憑かれて生きているのか。
作品名 天女と渡り鳥は友達
サイズ M200号 横長
画 材 キャンバス・油彩
完成年 2005年
解 説 ちょっと茶目っ気のある天女さんが、どこか浮きうきして雲にゆったりと寝そべっている。予定時間ぴったりに、音もたてず鳥たちの列がやってくる。 あっちからも、こっちからも。あたかも天空のオアシスのよう。 天女さんはそっと声をかける。「元気でまた行ってくるんだよう。悪いひとには気をつけてねえ。」 平和が一番。空の世界を人間がかき乱したり、汚したりしてはいけないよねえ。