PAGETOP

特別展「小川千甕 縦横無尽に生きる」

2015年3月7日 〜 2015年5月10日

泉屋博古館分館

所在地:東京都

小川千甕(おがわ・せんよう1882~1971)は、明治末期から昭和期までの長きにわたって、仏画師・洋画家・漫画家・日本画家として活躍しました。「千甕」の雅号は自ら名付けて「せんよう」と読みますが、一方で俳画や挿絵の画家としては「ちかめ」の名で親しまれていました。相当な「近眼」でもあったようです。
京都に生まれた千甕は、少年時代は仏画を描いていました。1902年(明治35年)からは浅井忠に洋画を学ぶ一方で、新感覚の日本画も発表し始めます。明治末、28歳で東京へ越してのちは、『ホトトギス』『太陽』などに挿絵、漫画を発表して人気を博しました。さらに1913年(大正2年)には渡欧し、印象派の巨匠ルノワールにも会っています。帰国後は日本美術院に出品し、本格的な日本画家として活動しました。
旅を愛した千甕は、各地を訪れ、その自然や風俗に共感を寄せて、自ら「俗画」と称したダイナミックな筆遣いの南画(文人画)風で愛されました。洋画と日本画、漫画と南画、美術と文芸などを自由に行き来し、その枠にとらわれない縦横無尽な仕事ぶりは、現代の我々に爽やかな印象を与えます。
本展は、千甕の初期から晩年に至る仏画、洋画、漫画、日本画約150点とスケッチブック、工芸などの資料を一堂に展示し、その芸術を紹介する初めての回顧展です。
 
 
会 期:2015年3月7日(土)‐5月10日(日)
     ※4月7日(火)より一部展示替えいたします
休館日:月曜日
    (ただし、5月4‐6日は開館、翌7日閉館)

開館時間:10:00‐17:00 (入館は16:30まで)
     ※2015年より変わりました
 
 
主 催:公益財団法人泉屋博古館、読売新聞社美術館連絡協議会
協 賛:ライオン、清水建設、大日本印刷、
    損保ジャパン日本興亜
協 力:日本通運
 
 
入館料
一般800円(640円)/高大生500円(400円)
中学生以下・障害者手帳ご呈示の方は無料
 *( )内は20名様以上の団体料金
 
 
◆会期中のイベント◆ *予約不要、入館券が必要です*
◆プレミアムトーク「縦横無尽にもほどがある!」 4月18日(土)15:00‐
 
   ゲスト:佐々木豊氏(画家、国画会会員)
 
 
◆記念コンサート「尺八・縦横無尽」 4月25日(土)15:00‐16:00

   演奏:田嶋謙一(直簫流尺八奏者)
 
 
◆学芸員によるギャラリートーク 
 3月7日、14日、21日、28日/4月4日、11日/5月2日 各土曜日15:00‐

◆チケットプレゼント 終了◆

「特別展「小川千甕 縦横無尽に生きる」」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:泉屋博古館分館

泉屋博古館分館
〒106-0032
東京都港区六本木1丁目5番地1号
TEL. 03-5777-8600(ハローダイヤル)

●交通
東京メトロ
・南北線 六本木一丁目駅下車 徒歩5分
・日比谷線 神谷町駅下車 徒歩10分
・銀座線 溜池山王駅下車 徒歩10分