PAGETOP

特別展観 天野山金剛寺の名宝 −金工展示室−

2015年3月4日 〜 2015年3月29日

京都国立博物館

所在地:京都府

金剛寺は、山号を天野山といい、もと行基の創建と伝える名刹です。平安時代後期、高野山で修行した阿観(あかん・1136~1207)が再興して真言宗の寺院となり、鳥羽院の第三皇女八条院暲子(1137~1211)の祈願所にもなっています。その後、南北朝時代には八条院の所領が南朝方の大覚寺統の所領となり、金剛寺食堂が南朝の後村上天皇(1327~68)の行在所(臨時の天皇の居所)となったことは、寺の歴史や文化財を考える上で大変重要な出来事となりました。
この展観では、平安時代初期の律令の施行細則を記した『延喜式』四巻(国宝)ほか、「日月山水図屏風」(重要文化財)をはじめとする絵画・典籍・甲冑類などの優品と、近年の調査によって見出された国文学・漢文学関係の重要な資料もあわせて展示いたします。
 
 
開館時間 9:30‐17:00 入館は閉館の30分前まで

休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)

観覧料 一般 520円(410円) 大学生 260円(210円)
    *高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料
    *( )内は20名以上の団体料金

◆チケットプレゼント 終了◆

「特別展観 天野山金剛寺の名宝 −金工展示室−」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:京都国立博物館

京都国立博物館 
〒605-0931京都市東山区茶屋町527
075-525-2473(テレホンサービス)