PAGETOP

鈴木理策写真展 意識の流れ

2015年2月1日 〜 2015年5月31日

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

所在地:香川県

鈴木理策(1963−)は、1980年代半ばより写真を媒体に創作活動をはじめました。1990年に初個展を開催、1998年には故郷の熊野をテーマに初の写真集『KUMANO』を上梓し、翌年出版した『PILES OF TIME』(共に光琳社出版)とともに、シークエンスの手法を用いたナラティブな構成が新しい写真表現と評価され、2000年に第25回木村伊兵衛写真賞を受賞します。その後も、写真というメディアの特性を深く掘り下げ、日本各地に残る古代信仰の場や、南仏サント・ヴィクトワール山、桜、雪、セザンヌのアトリエといった多様な対象にそれぞれ異なるアプローチで取組み、新たな作品を発表し続けています。
 本展では、鈴木の新作及び未発表作を中心に、写真作品約80点と映像作品3点を展示、8×10インチフィルムを使用する大型カメラで撮影された精緻な写真群が、純粋に「見る」ことへと鑑賞者を誘います。タイトルの「意識の流れ」は、「見るという行為に身をゆだねると、取り留めのない記憶や、さまざまな意識が浮かんできて、やがてひとつのうねりの様な感情をもたらすことがある」という鈴木自身の経験に基づいてつけられたものです。目の前の写真と対峙し、そこに留められた多くのものを意識することで、鈴木が「見た」時間を追体験し、見ることのみずみずしさをあらためて知ることとなるでしょう。
 
 
 
会  期:2015年2月1日(日)―5月31日(日) 会期中無休

開館時間:10:00―18:00(入館は17:30まで)

観 覧 料:一般950円(760円) 大学生650円(520円) 高校生以下または18歳未満・丸亀市内に在住の65歳以上      
      *各種障害者手帳をお持ちの方は無料
      *( )内は20名以上の団体料金。
      *常設展「猪熊弦一郎展 未知へ向かう悦び」の観覧料を含みます。

協  賛:株式会社熊野新聞社
協  力:株式会社カシマ、株式会社KANRI、ギャラリー小柳、ゼロプラス、株式会社ニコン、
      フォト・ギャラリー・インターナショナル、フォトグラファーズ・ラボラトリー
 
 
関連プログラム
●キュレーターズ・トーク● 会期中の毎日曜日14:00― ※他の関連プログラム開催時を除きます
本展担当キュレーター<吉野華奈子、松村円>が展示室にて見どころをお話しします。

 参加料:無料(ただし展覧会チケットが必要です)※事前申込不要/当日1階受付前にお集まりください。

◆チケットプレゼント 終了◆

「鈴木理策写真展 意識の流れ」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
〒763-0022 香川県丸亀市浜町80-1
tel.0877-24-7755

・鉄道(JR)で:JR丸亀駅下車、南口より徒歩1分
 東京駅 (新幹線で約3時間20分)/ 博多駅(新幹線で約1時間40分)― 岡山駅 ―(松山または高知方面行特急で約40分)― 丸亀
 高松駅 ―(予讃線快速で約30分)― 丸亀

・飛行機で:(高松空港から)高松空港 ―(リムジンバス約70分/タクシー約40分/乗合タクシー50分※)― 丸亀
  ※高松空港シャトル便(1名片道1.500円/搭乗前日午前中迄の予約制/0120-135024または0877-22-1112/東讃交通)
 高松空港 ―(バス約40分)― 高松駅 ―(予讃線快速で約30分)― 丸亀
(岡山空港から)岡山空港 ―(バス約30分)― 岡山駅 ―
(松山または高知方面行特急で約40分)― 丸亀

・高速バスで:東京・横浜・名古屋・大阪・関西空港・神戸・福岡より直通運行

・お車で:JR丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
 (本州方面から)瀬戸大橋経由 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより約10分
 (神戸淡路鳴門道経由)高松自動車道 坂出ICより約15分
 (四国内の高速道路から)高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより約15分