PAGETOP

てくてく現代美術世界一周

2015年2月3日 〜 2015年5月17日

岐阜県美術館

タグチヒロシ・アートコレクションは、実業家であり現代美術コレクターとして知られる田口弘氏(岐阜県郡上市出身、1937年生まれ)が収集した、およそ180点にのぼる現代美術作品で形成されています。その作家たちの出身地は、日本をはじめ、ヨーロッパ、北アメリカ、南米、アジア全域におよびます。
そうした作品群は、現代に生きる作家たちの表現として、今日の社会を映し、多彩な表現からは、価値観が変革する時代のうねり(パラダイムシフト)をとらえることができます。
本展では、そうした変化を反映する日本各地、世界各国出身の現代美術家の作品約70点を展示しており、展示室内をめぐることで、日本中、世界中の現在を訪ね歩くことができるようになっています。
また、本展覧会は、田口氏の現代美術コレクションを、氏の故郷において初めて披露するものです。美術館は、現代という時代に、世界と岐阜とを接近させる場となることでしょう。
 
 
≪会期≫
2015年2月3日(火曜)から5月17日(日曜)

≪開館時間≫
10:00―18:00 (入場は閉館時間の30分前まで)
2月3(火曜)は午前10時30分開場

≪夜間開館日≫ (入場は閉館時間の30分前まで)
2月20日(金)、3月20日(金) ―21:00
4月17日(金)、5月15日(金) ―20:00

≪休館日≫
2月9日(月)、16日(月)、23日(月)、3月2日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)、30日(月)
4月6日(月)、13日(月)、20日(月)、27日(月)、5月7日(木)、11日(月)
 
 
≪主催≫
岐阜県美術館、朝日新聞社

≪後援≫
岐阜県・岐阜市・郡上市・愛知県・名古屋市各教育委員会、NHK岐阜放送局

≪特別協力≫
田口弘、株式会社エムアウト、有限会社アート・オフィス・シオバラ

≪協力≫
岐阜県美術館後援会
 
 
≪観覧料≫
一般 1,000円(900円)/大学生 800円(700円)/高校生以下無料
( )内は20名以上の団体料金
 
 
≪◆関連事業■≫
トークイベント 2月15日(日)14:00―15:30

   会 場:講堂
   講 師:田口 弘(株式会社エムアウト代表取締役、株式会社ミスミグループ本社 特別顧問・創業者)
       塩原 将志(有限会社アート・オフィス・シオバラ代表取締役)
        
   ※申込み不要、無料
 
 
≪作品鑑賞会≫ 
   
  ≪●2月20日(金)18:30―19:30≫

   会 場:展示室
   担 当:西山恒彦(展覧会担当学芸員)

   ※申込み不要、ただし「てくてく現代美術世界一周」展観覧券が必要
 
 
  ≪●3月20日(金)18:30―19:30≫

   会 場:展示室
   担 当:岡田潔(当館学芸部長)

   ※申込み不要、ただし「てくてく現代美術世界一周」展観覧券が必要
 
 
≪キッズプログラム「家族ふれあい鑑賞教室」≫2月14日(土)、3月14日(土) 各日13:30―14:30

   担 当:岐阜県立美術館教育普及係
  
   ※申込み不要、無料
 
 
≪パイプオルガン定期演奏会≫ 2月8日(日)、3月8日(日) 各日14:00―

   会 場:多目的ホール
  
   ※申込み不要、無料
 
 
≪カラフルコンサート≫ 3月22日(日) 14:00―15:00

   出 演:鳥居麻衣子(ソプラノ)、田中美帆(ヴァイオリン)、廣部みちる(ピアノ)
   会 場:多目的ホール

   ※申込み不要、無料

岐阜県美術館
〒500‐8368 岐阜市宇佐4‐1‐22
TEL:058-271-1313
◆交通◆
・電車
 JR東海道線:JR「西岐阜駅」下車 → 徒歩で15分 、JR「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス
 名鉄「岐阜駅」下車 → タクシーまたは岐阜バス

・バス
 岐阜バス(有料):(加野団地線)JR岐阜駅前(6番乗場)または、名鉄岐阜駅前(1番乗場) → 「県美術館」下車(約15分)
 西ぎふ・くるくるバス:大人:100円、小学生:50円「西岐阜駅南口」乗車(約5分) → 「県図書館・美術館」下車、1日7便(復路約30分)
・自家用車
名神高速道路 岐阜羽島インターチェンジから県庁方面に向かって北進約10km
東海北陸自動車道 岐阜各務原インターチェンジから国道21号線を西進約10km

・駐車場
県図書館地下駐車場、美術館・図書館東駐車場、美術館・図書館西駐車場をご利用ください。(無料)