PAGETOP

コレクション展Ⅰ「没後20年 泉茂の版画紀行」

2015年7月7日 〜 2015年8月16日

BBプラザ美術館

所在地:兵庫県神戸市灘区岩屋中町4-2-7

BBプラザ美術館では、画家、版画家として戦後関西現代美術界の中心的存在であった泉茂(いずみしげる)(1922-1995)の没後20年に因んだ展覧会を開催いたします。
1951(昭和26)年、瑛九らとともに、前衛美術団体「デモクラート美術家協会」を結成した泉は、エッチングやリトグラフによる版画制作をほぼ独学で習得し、1957(昭和32)年には第1回東京国際版画ビエンナーレ展で新人奨励賞を受賞するなど、その抒情的な作風と卓越した版表現により、注目を集めました。
版画家としての地位を確立した泉でしたが、画家として新たな展開を求め、1959(昭和34)年から約10年間、ニューヨークとパリに活動の拠点を移し、創作の中心を版画から油彩画に移行します。
芸術は探求するものではなく、発見するものであると考えた泉は、この頃、色彩を青と白に限定し、自身が描いた画から筆跡の一部分を切り取り、緻密な筆使いで拡大し再現する抽象的な絵画を試みています。
帰国後、文学的要素を排除した明快な幾何学形態の作品へと更に作風を変化させた泉は、油彩画と並行して多くの版画制作を行います。第一線で活躍する画家、版画家として常に新たな表現に挑むとともに、大阪芸術大学教授として多くの後進の育成にもあたりました。
本展では、1950年代から90年代までの版画作品約80点を紹介し、意欲的な創作姿勢で多彩な表現を紡ぎ出しつづけた泉の独創的な画業を辿ります。
また、泉照子夫人と大阪芸術大学短期大学部の協力により、ニューヨークとパリ滞在時に制作された国内未発表の油彩画(青と白のストロークシリーズ)を併せて特別展示いたします。

開場時間
10:00-18:00(入館は閉館の30分まで)

休 館 日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

主催 
BBプラザ美術館・株式会社シマブンコーポレーション

協力 
泉照子氏・大阪芸術大学短期大学部

後援 
神戸市・神戸市教育委員会・朝日新聞神戸総局・神戸新聞社・産経新聞社・日本経済新聞社神戸支社・
毎日新聞神戸支局・読売新聞神戸総局・サンテレビジョン・ラジオ関西

入館料
一般 300円 大学生以下無料  65歳以上の方半額

■関連プログラム■
講演会『泉茂 人と作品』 8月1日(土)14:00-15:30(開場13:30)
講師 三木 哲夫氏(兵庫陶芸美術館長)
会場 シマブンホール(BBプラザ4F)
定員 100名(先着順) 聴講無料

◆チケットプレゼント 終了◆

「コレクション展Ⅰ「没後20年 泉茂の版画紀行」」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:BBプラザ美術館

BBプラザ美術館
〒657-0845神戸市灘区岩屋中町
4丁目2番7号 BBプラザ2F
TEL.078-802-9286 FAX.078-802-9287
 
[交通のご案内]
●阪神電車「岩屋駅」改札を出てすぐ南側
●JR「灘」駅より南へ徒歩3分
●阪急電鉄「王子公園駅」より南へ徒歩10分
 ※駐車場(乗用車80台)