PAGETOP

鋤田正義写真展・フラッシュバック

2015年7月18日 〜 2015年11月8日

箱根 彫刻の森美術館

所在地:神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平

彫刻の森美術館では、7月18日(土)より11月8日(日)まで「鋤田正義写真展・フラッシュバック」を開催します。

鋤田正義(1938〜)は、デヴィッド・ボウイやT.REX、YMOや布袋寅泰ら国籍を超えてミュージシャンから圧倒的な支持を受けているのをはじめ、広告写真、テレビコマーシャル、映像作品など幅広いフィールドで常に第一線で活躍し続けている写真家です。70年代から現在に至るまで深い信頼で結ばれているデヴィッド・ボウイが冷戦下のベルリンで録音した名盤『LOW』に収録された「SOUND & VISION」をタイトルに冠した展覧会は、2012年夏の東京都写真美術館を皮切りに福岡、大阪、舞鶴と巡回、人気をさらに拡大し、存在感を確固たるものにしました。
それから1年余り、”RETROSPECTIVE”という形で全仕事を俯瞰した鋤田正義が”写真論”というコンセプトで自己の世界をまとめ上げる展覧会が開催されます。
1956年頃、高校時代に撮影した母親の写真からはじまり、リー・モーガンなどのジャズ・ミュージシャン、寺山修司の天井桟敷、ニューウェイヴのミュージシャンたちから、現代の俳優やアーティストに至るまで対象は多岐にわたり、撮影した場所も世界中の都市にまたがっている鋤田の写真。それはビートニクのような風貌をした鋤田の永遠に終わることのないロードムーヴィーのようなものであり、”音の響きと映像の不思議さ”が感じられます。
今回の展覧会では、鋤田正義の記憶と心象風景が観る者の感性を飛翔させてくれます。

鋤田正義(すきた・まさよし)
1938年福岡県直方市生まれ。ドキュメンタリーから広告、映画、 音楽まで幅広く活動。APA、ADCなど受賞多数。 代表的な写真集にボウイ「氣」、「Speed of Life」、「T-­‐REX 1972」、「YMO x SUKITA」、忌野清志郎「Soul」等がある。 また、近年ではロンドンのV&A Museum主催の展示会「David Bowie is」への参加や、英、仏、伊、等で写真展を開催。

【 主    催 】 彫刻の森美術館 (公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団)
【 協    賛 】 東京リスマチック株式会社 
【 後    援 】 フジサンケイグループ   
【 協    力 】 鋤田事務所/立川事務所   
【 会場デザイン 】 岸健太・岸建築計画室/ベター・デイズ
【 プロデュース 】 立川直樹

◆チケットプレゼント 終了◆

「鋤田正義写真展・フラッシュバック」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:箱根 彫刻の森美術館

彫刻の森美術館
〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平
Tel.0460-82-1161 Fax.0460-82-1169
 
●交通アクセス
<電車・バスの場合>
JR小田原駅―小田急箱根湯本駅 ― 箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分
JR小田原駅―小田急箱根湯本駅 ― 箱根登山バス「二ノ平入口」下車、徒歩5分
 箱根登山観光施設めぐりバス「彫刻の森美術館」下車
 
<お車の場合>
東名厚木IC ― 小田原厚木道路 ― 箱根湯本 ― 国道1号線 強羅入口で右折
東名御殿場IC ― 国道138号線 ― 宮ノ下 ― で右折→国道1号線 強羅入口で右折
●駐車場利用台数 400台(有料:乗用車1台500円/1回)