PAGETOP

開館120年記念特別展  白鳳 ―花ひらく仏教美術―

2015年7月18日 〜 2015年9月23日

奈良国立博物館

所在地:奈良県

白鳳とは7世紀の半ばから710年に平城京に遷都するまでの間の文化や時代を指す言葉として、美術史学を中心に用いられてきました。この時代、天皇を中心とした国作りが本格化し、造寺造仏活動が飛躍的に展開し藤原京には大官大寺や薬師寺、飛鳥の地には山田寺や川原寺など壮麗な伽藍(がらん)が軒を連ねました。新羅をはじめ朝鮮半島の国々との交流は毎年使節が往来するなど盛んであり、大陸の先進的な文化がもたらされました。
 白鳳美術の魅力は金銅仏に代表される白鳳仏にあると言って良いでしょう。白鳳仏は若々しい感覚にあふれ、中には童子のような可憐な仏像も見ることができます。神秘性や厳しさを感じる飛鳥彫刻や、成熟した天平彫刻とはまた違う魅力です。一方、考古遺物に眼を向ければ、白鳳期の瓦の文様はわが国の瓦当(がとう)文様の頂点と呼ぶにふさわしく、寺院址からは堂宇(どうう)の壁面を飾っていたと思われる美しい塼仏(せんぶつ)が出土しています。白鳳文化が高度に完成された様式を築き上げていたことがわかります。
 奈良国立博物館は平成27年に開館120年を迎えます。これを記念し、仏教美術の専門館として長年にわたり構想を温めてきた白鳳美術を取り上げ、その魅力を追求します。

会 期 7月18日(土)~9月23日(水・祝)
休館日 毎週月曜日と7月21日(火)
    ※ただし7月20日(月・祝)、8月10日(月)、9月21日(月・祝)は開館
開館時間 9:30~18:00 (入館は閉館の30分前まで)
    ※毎週金曜日と8月5日(水)~15日(土)は午後7時まで開館

主 催 奈良国立博物館、読売新聞社、NHK奈良放送局、NHKプラネット近畿
後 援 文化庁、奈良県、奈良テレビ放送
協 賛 関西大学、きんでん、清水建設、大和ハウス工業、ダイワボウ情報システム、天理時報社、非破壊検査
協 力 日本香堂、仏教美術協会

観覧料金 一般 高校・大学生 小・中学生
一般 1.500円(1.200円)高校・大学生 1.000円(700円)小・中学生 500円(300円)

 *( )内は20名以上の団体料金です。
 *障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料です。
 *奈良国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を400円でお求めいただけます。
  観覧券売場にてキャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。
 * 「ミュージアムぐるっとパス・関西2015」で、当日券を一般は1,400円でお求めいただけます。
   観覧券売場にてお申し出ください。
 *中国古代青銅器[坂本コレクション](青銅器館)、仏像写真展「大和の仏たち ー奈良博写真技師の
   眼ー」、開館120年記念「写真でたどる 奈良国立博物館のあゆみ」(地下回廊)は無料でご覧になれます。

【関連イベント】  
*その他、事前申し込みが必要なイベントなど、詳しくは奈良国立博物館ホームページをご覧ください。

 公開講座
◆ 8月8日 (土)「天武・持統天皇の理想の都―藤原宮と新益京―」  木下 正史氏(東京学芸大学名誉教授)
◆ 8月22日(土)「東アジアのなかの白鳳仏」  藤岡 穣氏(大阪大学大学院教授)
◆ 9月5日 (土)「白鳳寺院を飾った工芸」  内藤 栄(当館学芸部長)
◆ 9月19日(土)「白鳳の童形仏とその周辺」  岩田 茂樹(当館上席研究員)

薬師寺僧侶による法要・講話  7月30日(木)、8月27日(木)、9月10日(木)
  各日法要は14:00から、講話は14:30~15:30
  会 場:法要は奈良国立博物館展示室内、講話は博物館講堂
      (講話は定員194名:先着順)
  ※いずれも、当日特別展「白鳳」をご観覧いただいた方にご参加いただけます。

興福寺僧侶による法要  8月18日(火) 10:00~10:30
  会 場:奈良国立博物館展示室内      

 

◆チケットプレゼント 終了◆

「開館120年記念特別展  白鳳 ―花ひらく仏教美術―」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:奈良国立博物館

奈良国立博物館
〒630-8213
奈良市登大路町50番地

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ