PAGETOP

没後20年 ルーシー・リー展― 調和の器・永久の憧れ

2015年10月31日 〜 2015年12月24日

姫路市立美術館

20 世紀を代表する陶芸家、ルーシー・リー(1902-1995) が惜しまれつつ世を去って20年が経ちますが、彼女の遺した仕事は益々輝きを増して世界中に光を放っています。本展はこれを機に、初期から晩年に至る約200 点の作品で彼女の足跡を辿り、その魅力に迫ります。展示作品の大半が日本初公開となるのみならず、今回新たに発見されたウィーン時代の作品もご覧いただけます。
ルーシー・リーは 1902年にウィーンの裕福なユダヤ人家庭に生まれました。19世紀末から20世紀初頭のウィーンは、建築家ヨーゼフ・ホフマンが活躍し、建築から衣服までを総合的に調和させた美的空間の実現を目指した ウィーン工房が誕生するなど、新たな美的価値が盛んに創出される先鋭的な空気がみなぎる都市でした。ルーシーは、ホフマンが教鞭をとるウィーン工業美術学校に入学。その類稀なる才能は既に学生時代より注目を集め、 卒業後はブリュッセル万国博覧会(1935年) で金メダルを受賞するなど、 彼女は国際的な活躍が期待される存在でした。しかし戦禍を逃れるために 1938年にイギリスへの亡命を余儀なくされます。イギリスでは、バーナード・リーチやハンス・コパーという偉大な陶芸家達との出会いに恵まれ、幾多の困難を乗り越えて独特の造形美の世界を開拓します。そして1990 年に病に倒れるまで、ロンドン市内の自宅で作品を作り続けました。
色鮮やかな美しい釉薬による加飾と抑制されたフォルムが生み出す個性的で格調高いルーシー・リーの芸術世界は、その果敢な生涯とともに国境や世代を超え人々に、勇気とインスピレーションを与え続けています。
 
 

休館日 月曜日(ただし、11月23日は開館)、11月24日(火) 
開館時間 10:00-17:00(入場は16:30まで)

主催 姫路市立美術館、日本経済新聞社
後援 オーストリア大使館、ブリティッシュ・カウンシル、朝日新聞姫路支局、
    NHK 神戸放送局・姫路支局、FMゲンキ、神戸新聞社、産経新聞姫路支局、サンテレビジョン、
    播磨時報社、播磨リビング新聞社、姫路ケーブルテレビ、毎日新聞姫路支局、
    読売新聞姫路支局、ラジオ関西
協賛 大伸社
協力 オーストリア航空、全日本空輸、ルフトハンザ カーゴ AG
    国際ゾンタ SEN姫路ゾンタクラブ

観覧料 一般/ 1,000(800)円、大学・高校生/ 600(400)円、中・小学生/ 200(100)円
 ※( )内は20人以上の団体料金
 ※インターネット割引:通常の観覧料から100円引き(10月31日から割引券を当館ホームページに掲載)
 
 
 
 <関連事業>
●オープニング記念講演会「現代陶芸のパイオニア、ルーシー・リーの造形美」 
 10 月31日(土) 14:00-15:30(開場13:30)

  講 師:金子賢治氏(本展監修者・茨城県陶芸美術館館長)
  会 場:2階講堂 定員100 人(先着)  / 入場無料 事前予約なし
 
 
●記念講演会「モダニスト! ルーシー・リーの知られざる魅力」 11月22日(日) 14:00-15:30(開場13:30)

  講 師:出川哲朗氏 (大阪市立東洋陶磁美術館館長) 
  会 場:2階講堂  定員100 人(先着)  / 入場無料 事前予約なし
 
 
●ギャラリーコンサート&キュレータートーク ※詳細は美術館ホームページをご覧ください。
 クラシック音楽の響きに包まれて、ルーシー・リーが生まれたウィーンの町や激動の時代に
 思いを馳せながら作品をご鑑賞いただく試みです。

  会 場:企画展示室  
  参加費:無料 ※ただし、当日の本展覧会の観覧券(半券でも可)が必要です。
 
 
(1)ヴァイオリンコンサート&ギャラリートーク  11月15日(日) 15:30-16:30
 ヴァイオリン/伊藤愛梨、ピアノ伴奏/松盛由佳、ギャラリートーク/姫路市立美術館学芸員
 
(2)サクソフォーンコンサート&ギャラリートーク 11月21日(土) 15:30-16:30
 サクソフォーン/藤田麻緒、ピアノ伴奏/佐藤亜衣、ギャラリートーク/姫路市立美術館学芸員
 
(3)ピアノコンサート&ギャラリートーク 
 12 月20日(日) 午前の部11:30-12:30 午後の部15:30-16:30
 ピアノ/山中歩夢、ギャラリートーク/姫路市立美術館学芸員
 
 
 ●子ども対象イベント  ルーシー・リーの世界を音楽とともに体験しよう!

  対 象:小学生から中学生まで。 会場:企画展示室 定員20人(先着)
  集合場所:2階講堂 事前予約なし
  参加費:無料 ※ただし、当日の本展覧会の観覧券(半券でも可)が必要です。

子どもギャラリーツアー(1) コンサート&ギャラリートーク 11月15日(日) 11:30-12:30
 ヴァイオリン/伊藤愛梨
 ピアノ伴奏/松盛由佳
 ギャラリートーク/姫路市立美術館学芸員

子どもギャラリーツアー(2) コンサート&ギャラリートーク 11月21日(土) 11:30-12:30
 サクソフォーン/藤田麻緒
 ピアノ伴奏/佐藤亜衣
 ギャラリートーク/姫路市立美術館学芸員

◆チケットプレゼント 終了◆

「没後20年 ルーシー・リー展― 調和の器・永久の憧れ」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:姫路市立美術館

姫路市立美術館
〒670-0012  姫路市本町68-25 

●車 (姫路城を目標にご来館下さい)
中国自動車道 福崎I.C.より播但連絡自動車道で砥堀ランプ下車約15分。
山陽自動車道 姫路東I.C.あるいは姫路西I.C. 下車約15分
阪神高速・姫路バイパス中地ランプ下車約15分

※美術館には駐車場はありません。姫山公園駐車場(有料)等をご利用ください。

アクセス
●鉄道 (姫路まで)
神戸・大阪方面から
JR
山陽新幹線下り、あるいはJR神戸線(新快速)で姫路方面行き(姫路、網干、播州赤穂行きなど)乗車
大阪から在来線(新快速)で約1時間、三宮から約40分  / 新大阪から新幹線で約30分

私鉄
阪神電車、山陽電車で姫路行き乗車  / 梅田から約1時間30分、三宮から1時間

岡山方面から
山陽新幹線上り乗車20分、山陽本線乗車1時間25分

●姫路駅から
徒歩約20分。
神姫バス[3,4,5,61,62,64,81,82,84,86番]乗車約8分、「姫山公園南、医療センター、美術館前」停留所(旧姫山公園、国立病院、美術館前)下車すぐ。