PAGETOP

静嘉堂文庫美術館 リニューアルオープン展 第2弾 「茶の湯の美、煎茶の美」

2016年1月23日 〜 2016年3月21日

静嘉堂文庫美術館

所在地:東京都世田谷区岡本2-23-1

静嘉堂所蔵の茶道具(茶の湯の道具)と煎茶器コレクション、その双方から名品を精選し、一堂に公開する展覧会です。煎茶器の多数公開は15年ぶり(!) となります。
茶道具では、国宝・曜変天目(ようへんてんもく)、重文・油滴(ゆてき)天目に始まり、千利休所持で伊達家伝来の青磁鯱耳(しゃちみみ)花入や墨跡など、大名家伝来の名品を中心に、また天下人の手から手へと伝わった付藻茄子(つくもなす)、松本(紹鷗)茄子 等、大名物(おおめいぶつ)と称される茶入も出品となります。
国内有数とされる煎茶器コレクションからは、江戸~明治時代にかけて文人たちに愛玩された、中国宜興窯(ぎこうよう)製の茶銚(急須)の名品、染付の茗碗(煎茶碗)、錫製の茶心壺(茶葉の容器)などが、中国やインド舶来の華やかな織物や更紗(さらさ)の仕覆(名器の袋)、敷物とともに並びます。
中国から請来され、わが国に大きな影響を与えた二つの喫茶文化 ― “茶の湯”と“煎茶”‐その美の粋が展示室に集います。どうぞお楽しみ下さい。
 
 
会  期:2016年1月23日(土)~3月21日(月・振替)
開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)

入館料:一般1,000円、大高生700円、中学生以下無料 ※団体割引は20名以上

講演会  各会13:30~
地階講堂にて先着120名(開館時より整理券配布予定)

       
2月27日(土) 守屋雅史氏(大阪市立美術館 学芸課長)
       「日本の煎茶文化について― 静嘉堂所蔵の煎茶器にふれて」
       

◆チケットプレゼント 終了◆

「静嘉堂文庫美術館 リニューアルオープン展 第2弾」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:静嘉堂文庫美術館

静嘉堂文庫美術館
〒157-0076
東京都世田谷区岡本2-23-1
03-5777-8600(ハローダイヤル)