PAGETOP

おかえり、フジタ―《舞踏会の前》で藤田嗣治と出会うコレクションテーマ展41

2016年7月12日 〜 2016年9月4日

大原美術館

所在地:岡山県倉敷市中央1-1-15

コレクションテーマ展41では、1年以上の期間を経て修復された藤田嗣治の≪舞踏会の前≫を展観し、その修復工程をご紹介します。
本作品は1925年に制作され、藤田独自の技法である「乳白色の下地」に極細の輪郭線で裸婦を描いた代表作ですが、1957年の収蔵以後、50年以上にわたる展示と過去に施された修復個所の劣化により、本来の半透明で温かみのある「乳白色」が暗く沈んだ状態となっていました。そこであるべき姿を取り戻すべく、BNPパリバ財団と東京藝術大学保存修復油画研究室のご協力をいただき、本格的な修復を実施したところ、見事に制作当初をおもわせる絵肌がよみがえったのです。
自分だけの表現を作り出すべく試行錯誤を重ね、藤田が生み出した「乳白色の下地」。本来の姿を取り戻した本作の前でその息吹に「出会う」ことでしょう。

会  期 2016年7月12日(火)~9月4日(日)
開館時間 9:00~17:00(16:30入館締切)

主  催 公益財団法人大原美術館

入 館 料 一般1.300(1.200)円、大学生800(700)円、高校生~小学生500(300)円
      *( )内は20名以上の団体料金
      *大学生の方は学生証をご提示ください。
      *障がい者手帳等をお持ちの方はご提示ください。ご優待いたします。
 
 
■関連イベント■
ギャラリートーク
 7/24(日)、8/7(日) 各回15:00~(約30分)

 本館第4室にて / 参加無料(別途要入館料)

【電車をご利用の場合】
東京方面から/山陽新幹線・岡山下車→山陽本線・倉敷下車  徒歩約15分
広島方面から/山陽新幹線・新倉敷下車→山陽本線・倉敷下車 徒歩約15分

【車をご利用の場合】
東京・広島方面から/山陽自動車道・倉敷インターチェンジ 美観地区まで約20分
四国方面から/瀬戸中央自動車道・早島インターチェンジ  美観地区まで約20分

*大原美術館には駐車場がございません。周辺の有料駐車場をご利用ください。