PAGETOP

映画誕生120年記念 野口久光 シネマ・グラフィックス展

2016年6月18日 〜 2016年8月21日

岩手県立美術館

所在地:岩手県盛岡市本宮字松幅12-3

戦前、戦後の映画の黄金時代、日本にヨーロッパ映画を中心に配給していた東和商事(のちの東宝東和)に所属し、デザインの第一人者として、約30年間、1000枚以上にのぼる映画ポスターを描き続けたのが、映画、音楽、舞台の評論家としても著名な野口久光(のぐち・ひさみつ、1909-1994)です。野口の映画ポスターは、豊かな表現力で描かれた絵はもちろんのこと、タイトル文字や俳優の名前まで全て手描きで、作品の雰囲気 、内容を的確に表現した「一枚の絵画」としての魅力にあふれています。『大人は判ってくれない』監督のフランソワ・トリュフォーが、野口の手による日本版のポスターを絶賛し、続編の画中にも登場させたという逸話も残っています。映画誕生120年を迎えた今年、海外においても野口の仕事は改めて高く評価されています。
 本展では、野口が手がけた公開当時のポスター、直筆による映画スターのポートレート、書籍・雑誌など装丁デザインのほか、屈指のジャズ評論家としても名を馳せた野口がデザインしたジャズのレコードジャケットや演奏家 (ジャズジャイアント)の肖像など約400点に及ぶ作品・資料のほか、戦前・戦後間もない頃の貴重な映像資料も展示し、野口久光の魅力をたっぷりとご紹介します。コンピュータ・グラフィックが全盛の今日にあっても、なお輝きを失わない野口久光の情感豊かなグラフィックデザインの世界をお楽しみください。
 東北では初の展覧会となります。この機会にぜひご鑑賞下さい。
 
 

開館時間:9:30-18:00(入館は17:30まで)*7月22日(金)は9:30-21:00( 入館は20:30まで)
休 館 日:月曜日(8月15日は臨時開館)

主  催:岩手県立美術館、岩手日報社、めんこいテレビ、
     公益財団法人岩手県 文化振興事業団、野口久光展実行委員会
後  援:一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、盛岡タイムス社、
     NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、ラヂオもりおか、
     岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう、岩手県興行生活衛生同業組合
監  修:根本隆一郎(NPO法人古き良き文化を継承する会)
協  力:野口久和、公益財団法人川喜多記念映画文化財団、北原照久コレクシ ョン、
     清水俊宏コレクション、菅原正二(ジャズ喫茶ベイシー)
企画協力:NPO法人 古き良き文化を継承する会
 
観 覧 料
一般1000円(800円)、高校生・学生600円(500円)、小学生・中学生400円(300円)
 *( )内は20名以上の団体料金。
 *療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方 、
  およびその付き添いの方1名は半額。

岩手県立美術館
IWATE MUSEUM OF ART
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
 
交通案内
盛岡駅東口から
・岩手県交通バス盛南ループ200乗車、「県立美術館前」下車
 
盛岡駅 西口から
・徒歩20分
・タクシー5分