PAGETOP

『宇宙と美術と人体と』展新しい<<触覚>>を求めて

2016年9月15日 〜 2016年9月23日

東京藝術大学美術館陳列館1階2階 

所在地:東京都台東区上野公園12-8

TEL:050-5525-2200

我々のような一般の素人からしますと 何とも不思議なコラボによる展示であります かたや芸術の専門家、東京芸大美術学部(Ⅱ美術解剖学)、かたや科学技術の粋を集めたような集団JAXA(宇宙航空研究開発機構)との共同研究、の成果の発表、、、しかも展示方法も今回 体感的展示とのこと、、、 何やら、一度見てみたいなと言ったドキドキ感が沸いて来ませんか!「宇宙でのファッショナルライフ」! 10人の表現者が、人体を縦糸に宇宙への強い思いを横糸にして、宇宙空間での触覚の喪失など どのように補完するべきか 再度宇宙について考察をし 作品製作に至っているとのことです「宇宙とは、無重力とは、そこで生きようとする我々に必要なものとは何か、その表現こそが、翻って、地球でよりよく生きる、を考えることにつながるのでは」と問題提起されています 弊社フジカット㈲も今回ちょっとだけ 協力させて頂きました

<開館時間>
午前10時 – 午後5時

東京藝術大学大学美術館
http://www.geidai.ac.jp/museum/