PAGETOP

blanc et blanche ふりそそぐ白の世界〜岐阜県美術館+現代陶芸美術館コレクション展〜

2016年9月3日 〜 2016年12月18日

岐阜県現代陶芸美術館

所在地:岐阜県多治見市東町4-2-5セラミックパークMINO内

TEL:0572-28-3100

岐阜県現代陶芸美術館では、岐阜県美術館とのコラボレーションによる展覧会を開催いたします。この展覧会では、両館のコレクションから現代の美術、陶芸をめぐって、白によって表現される世界の可能性を探ります。
 現代美術家の大巻伸嗣は《ECHO-Crystallization》において、修正液とクリスタル・パウダーでアクリル面に植物の絵を展開しています。この白尽くしの大作を中心として、本展では、顔料、釉薬などを超えた白の造形に焦点を当てます。
 また、1970 年代から80 年代にかけて多くの陶芸家が、現代美術の影響を受けながら、よりスケールの大きな作品を試みるようになりました。そのために、作品を単体ではなく、複数の集合体とする手法が取られるようになりましたが、同種同形の制作が容易なやきものに特有のこの手法は、今や広く定着しています。本展では、増殖し、境界をもたずに拡がりゆく表現にも注目します。
 白のトーンを選び貫くことで、それぞれの造形が見せる美しさをお楽しみいただき、拡がりゆく表現など、現代の美術、陶芸の多様な可能性について発見いただければ幸いです。