PAGETOP

モードとインテリアの20世紀展 ―ポワレからシャネル、サンローランまで―

2016年9月17日 〜 2016年11月23日

パナソニック 汐留ミュージアム

所在地:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル4階

きらめくベルベットの布地に豪華な毛皮で襟飾りが施されたコート、最高の職人の手で刺されたビーズ刺繍のケープ、チュール地をふんだんに用いてボリュームたっぷりに仕上げられたイブニングドレス、銀糸で複雑に織り込まれた薔薇モティーフが華やかなパンプス・・・。国内屈指のモードコレクションを収蔵する島根県立石見美術館の麗しいモード作品の数々を、この秋、東京で一堂に紹介いたします。  
20世紀は、ファッションがめまぐるしく変化した時代でした。社会のありようがモードを変革し、また逆に衣服の形が女性のライフスタイルに直接働きかける場合もありました。そうした動向は同時代のインテリアにもみることが出来ます。本展は、ベルエポック、ジャズエイジ、世界恐慌と大戦を経てミッドセンチュリーを過ぎるまでの20世紀ファッションの流れを、同時代の主要なインテリアと共に概観する試みです。  
暮らしを総合芸術の舞台と捉え、人々の生活に欠かすことの出来ない造形である、衣服と住居、その移ろいをご覧ください。
 
 

開館期間:2016年9月17日(土)~11月23日(水・祝)
開館時間:10:00~18:00(ご入館は17:30まで)
休 館 日:毎週水曜日 (ただし11月23日は開館)

主  催:パナソニック 汐留ミュージアム、毎日新聞社 
特別協力:島根県立石見美術館
後  援:フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
協  力:TOKYO MX

入館料
一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 中・高校生:500円 小学生以下:無料
 *20名以上の団体は各100円割引
 *障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能

【交通】
JR新橋駅「烏森口」「汐留口」「銀座口」より徒歩約8分
東京メトロ銀座線新橋駅「2番出口」より徒歩約6分
都営浅草線新橋駅改札より徒歩約6分
都営大江戸線汐留駅「3・4番出口」より徒歩約5分
ゆりかもめ新橋駅より徒歩約6分