PAGETOP

若冲の京都 KYOTOの若冲 

2016年10月4日 〜 2016年12月4日

京都市美術館

伊藤若冲は京都錦小路の青物問屋の長男として、300年前の正徳6(1716)年に生まれました。家業のかたわら狩野派、尾形光琳や中国の元代、明代の画法を学び、江戸期では初老といわれた40歳で家業を弟に譲り、絵画の制作に専念しました。そして、寛政12(1800)年に没するまで、写生的、装飾的な花鳥画と斬新なタッチの水墨画によって異色の画風を作り上げました。
本展は、伊藤若冲の誕生300年を機に、若冲の画業を通して、その独自の世界観、優れた作品の数々が、18世紀の京都だからこそ生れたことを再認識する、京都を伊藤若冲の関わりをひもとく展覧会です。

あのころの京都でなかったら、若冲という画家は生れなかった。京都と若冲は、いわば一心同体、双面神だったといえる。
あのころの京都は江戸とは異なる精神の自由性に満ちていた。若冲が求めた絵画世界は、ひたすら自由にあふれている。
若冲は、要するに京都そのものだ。
狩野博幸

会 期:2016年10月4日(火)~12月4日(日)
休館日:月曜日 *ただし10月10日(月・祝)は開館

開館時間:9:00~17:00 入場は閉館の30分前まで
     *ただし、10月8日(土)・9日(日)は17:00まで開館(入場は閉館の30分前まで)

料金
一般:1,200円(1,000円)高大生:1,500円(800円)小中生:500円(300円)
 *( )内は20名以上の団体料金
 *小中生は土日祝 無料
 *障害者手帳等をご提示の方と介助の方1名は無料

■関連イベント■
・展覧会記念講演会「若冲にとって京都とは何か?(1)」 10月8日(土) 14:00~15:30

  講 師:狩野博幸(美術史家、本展監修者)
  場 所:京都市美術館講演室
  料 金:参加費は無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要
  定 員:先着80名(事前申込不要、当日13:00~正面玄関付近で整理券を配布)
 
 
・展覧会記念講演会「東西の百鳥獣図-同時代の西洋動物画を通して若冲を見る-」 11月3日(木・祝) 14:00~15:30
講師:潮江宏三(京都市美術館長)

  場 所:京都市美術館講演室
  料 金:参加費は無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要
  定 員:先着80名(事前申込不要,当日13:00~正面玄関付近で整理券を配布)
 
 
・展覧会記念講演会「若冲にとって京都とは何か?(2)」 11月12日(土) 14:00~15:30

  講 師:狩野博幸(美術史家,本展監修者)
  場 所:京都市美術館講演室
  料 金:参加費は無料。ただし本展観覧券(半券可)が必要
  定 員:先着80名(事前申込不要,当日15:00~正面玄関付近で整理券を配布)

◆チケットプレゼント 終了◆

「若冲の京都 KYOTOの若冲 」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:京都市美術館

京都市美術館(岡崎公園内)
京都市左京区岡崎円勝寺町124