PAGETOP

クラーナハ展―500年後の誘惑

2017年1月28日 〜 2017年4月16日

国立国際美術館

所在地:大阪府大阪市北区中之島4-2-55

ドイツ・ルネサンスを代表する画家、ルカス・クラーナハ(父、1472 -1553年)は、特異なエロティシズムで女性を描く画家として知られています。日本においてクラーナハといえば、とりわけ歴史の教科書に載る、マルティン・ルターの肖像画が有名でしょう。しかしこれまで、この画家の展覧会が日本で開催されたことはありませんでした。
「クラーナハ展─500年後の誘惑」は、そんなクラーナハの全貌を、当時の社会背景にも目を配りつつ紹介する日本で初めての機会となります。オーストリア、ドイツ、オランダ、ハンガリー、イタリア、スペイン、イギリス、アメリカ、台湾、日本と、世界中から集められた作品およそ100点で構成される、史上最大規模のクラーナハ展です。
宗教改革からちょうど500年をかぞえる記念の年、本展はさらに、クラーナハの死後、はるか近現代にまでいたるその影響力にも注目します。パブロ・ピカソやマルセル・デュシャン、ジョン・カリン、そして森村泰昌など、近現代の美術におけるクラーナハの残影が、展覧会をとおして浮かびあがってくるでしょう。

公式サイト http://www.tbs.co.jp/vienna2016/
 
 
開館時間:10:00~17:00、金曜日は19:00まで (入場は閉館の30分前まで)
休 館 日:月曜日、3月20日(月・祝)は開館、翌日(3月21日)は休館

観 覧 料:一般 1,600(1,400)円 大学生 1,200(1,000)円 高校生 600(500)円
     ※( )内は20名以上の団体料金
     ※中学生以下は無料
     ※心身に障害のある方とその付添者1名無料(証明できるものをご提示願います)

主  催:国立国際美術館、ウィーン美術史美術館、TBS、MBS、朝日新聞社
後  援:外務省、オーストリア大使館
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
協  賛:大日本印刷
協  力:オーストリア航空、ルフトハンザ カーゴ AG、ルフトハンザ ドイツ航空、
      アリタリアーイタリア航空、日本航空、日本通運、ダイキン工業現代美術振興財団

■関連イベント■
クラーナハ展 ギャラリー・トーク
 2月25日(土)14:00~

 講 師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
 会 場:B3階 展示室

 ※13:30~聴講用ワイヤレス受信機貸出
 ※参加無料(要観覧券)・先着90名
 
 
クラーナハ展 アーティスト・トーク 3月25日(土) 14:00~15:30

 講 師:坂本夏子(画家)
 会 場:B1階 講堂
 ※10:00~整理券を配布
 ※参加無料(要観覧券)・先着130名
 
 
クラーナハ展 ギャラリー・トーク 4月8日(土)14:00~

 講 師:福元崇志(国立国際美術館 研究員)
 会 場:B3階 展示室
 ※13:30~聴講用ワイヤレス受信機貸出
 ※参加無料(要観覧券)・先着90名

◆チケットプレゼント 終了◆

「クラーナハ展―500年後の誘惑」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:国立国際美術館

〒530-0005 
大阪府大阪市北区中之島4-2-55 
TEL:06-6447-4680(代)