PAGETOP

ASEAN設立50周年記念 サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

2017年7月5日 〜 2017年10月23日

森美術館     http://www.mori.art.museum/jp/
国立新美術館   http://www.nact.jp/

ASEAN(東南アジア諸国連合)は、1967年の「バンコク宣言」によって設立され、現在はインドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス(50音順)の東南アジア10カ国で構成されています。10年以上にわたり高い経済成長を維持し、2015年に経済共同体となったASEANですが、現代アートの世界においても活況を呈しており、国際的にも高い注目が集まっています。本展は、東南アジアの現代アートの集大成であり、また最良の入門編ともなるでしょう。
 
本展はbeyond2020プログラム認証事業です。
 
 
会  期:2017年7月5日(水)~ 10月23日(月)

会  場
 森美術館    *会期中無休
 10:00~22:00(最終入館 21:30) ※火曜日のみ、17:00まで(最終入館 16:30)
 国立新美術館  *毎週火曜日
 10:00~18:00(最終入館 17:30)※毎週金曜日・土曜日は21:00まで(最終入館 20:30)

主  催:国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター
共  催:朝日新聞社、東京新聞、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、NHK
後  援:外務省、インドネシア共和国大使館、カンボジア王国大使館、シンガポール共和国大使館
     タイ王国大使館、フィリピン共和国大使館、ブルネイ・ダルサラーム国大使館
     ベトナム社会主義共和国大使館、マレーシア大使館、ミャンマー連邦共和国大使館
     ラオス人民民主共和国大使館
協  賛:株式会社大林組、トランスコスモス株式会社、WEARNES、住友商事株式会社
協  力:全日本空輸株式会社、タイ国際航空、シャンパーニュ ポメリー
Patrons:Tan Leon, Yaw Chee Ming, Jim Thompson Art Center, DC Collection Thailand,
     Museum of Modern and Contemporary Art in Nusantara (Museum MACAN), anonymous
企  画
【国立新美術館】米田尚輝(研究員)、喜田小百合(アソシエイト・フェロー)
        武笠由以子(研究補佐員)、南 雄介(愛知県美術館館長/国立新美術館前副館長)
【森美術館】 片岡真実(チーフ・キュレーター)、徳山拓一(アソシエイト・キュレーター)
       熊倉晴子(アシスタント・キュレーター)、荒木夏実(キュレーター)
       近藤健一(キュレーター)、椿 玲子(キュレーター)
【東南アジア インディペンデント・キュレーター】
       マーヴ・エスピナ(アーティスト、フィリピン)、オン・ジョリーン(マレーシア)
       グレース・サンボー(インドネシア)、ヴェラ・メイ(シンガポール)

料  金
2館共通(国立新美術館&森美術館の両方)
 一般  1,800円 / 大学生 800円
単館(国立新美術館または森美術館の一方のみ)
 一般  1,000円(800円) / 大学生 500円(300円)*( )内は20名以上の団体料金

巡  回:福岡アジア美術館 2017年11月3日(金・祝)~2017年12月25日(月)

◆チケットプレゼント◆

「ASEAN設立50周年記念 サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

お名前
ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

メッセージ
画像認証 captcha