PAGETOP

館蔵 日本画展 人、動物、自然

2018年1月30日 〜 2018年5月20日

松岡美術館

所在地:東京都港区白金台5−12−6

TEL:03-5449-0251

FAX:03-5449-0252

松岡美術館は、2018年1月30日(火)から5月20日(日)まで「館蔵 日本画展 人、動物、自然」を開催します。日本画の伝統を継承しつつも、近代感覚を取り入れ新しい表現を模索した荒木寛畝、橋本雅邦、横山大観、下村観山また、京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙らの軸装作品を出品します。さらに、濱田台児、大山忠作、烏頭尾精らの昭和50年代を中心とする額装作品をご紹介。古今の人物画、四季の風情を織り込んだ動物(花鳥)画、そして山河の雄大な景観といった日本画ならではの情趣豊かな味わいをお楽しみ下さい。
会期中、一部展示替えを行い前・後期ともに約30点を展観します。

展覧会名:館蔵 日本画展 人、動物、自然
会期:【前期】2018年1月30日(火)〜3月25日(日)
   【後期】2018年3月27日(火)〜5月20日(日)
会場:松岡美術館 展示室5、6
開館時間:10:00−17:00 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日 (祝日の場合は翌平日)
観覧料:一般800円/中高大生500円/65歳以上・障害者700円
※小学生以下無料
※20名以上の団体は各100円引き