PAGETOP

特別展「人体 ー神秘への挑戦ー」

2018年3月13日 〜 2018年6月17日

国立科学博物館

所在地:東京都台東区上野公園7-20

私たちの体は、神秘に満ちています。
自らを生かし、動かすものの仕組みを理解するために、人類は多くの挑戦を重ねてきました。本展覧会では、ルネサンス時代以降の先人たちの努力の歴史と功績を振り返りながら、人体の構造と機能を解説するとともに、それが最先端の研究でどのように変わりつつあるのかを紹介します。

そもそも人体を理解するということとは――。それは進化の文脈の中で語られることもあれば、機械になぞらえて、構造と機能の関係の中で理解されることもあります。様々な科学の領域が常に発展を続ける中で、これまでに多くの解釈が生まれ、顕微鏡をはじめとする機器の発明や技術の進歩もまた、人類の認知の限界を拡大してきました。 人体研究の歴史は、科学の発達の縮図なのです。そして人体理解の道筋をたどることで、その本質も概観できるのです。
最も身近でありながら、最も奥深い、「人体」の世界をお楽しみください。
 公式ページ http://jintai2018.jp
  
会 期:2018年3月13日(火)~6月17日(日)
休館日:月曜日 ※3月26日(月)、4月2日(月)、4月30日(月・振替休日)、6月11日(月)は開館
開館時間:9:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)
     金曜、土曜日は20:00まで
     4月29日(日)、30日(月・振替休日)、5月3日(木・祝)は20:00まで
     5月1日(火)、2日(水)、6日(日)は18:00まで     
     ※開館時間や休館日については変更する可能性があります。

主 催:国立科学博物館、NHK、NHKプロモーション、朝日新聞社
監 修:篠田謙一 博士(国立科学博物館 副館長 兼 人類研究部長)
    山田 格 博士(国立科学博物館 名誉研究員)

観覧料:一般・大学生1,600円  小・中・高校生600円

 ※本券で本展を観覧された方は、同日に限り常設展もご覧いただけます
 ※未就学児無料
 ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様は無料

国立科学博物館
〒110-8718
東京都台東区上野公園7-20

●交通●
JR「上野駅」公園口から徒歩5分
京成線「京成上野駅」から徒歩10分
東京メトロ銀座線、日比谷線「上野駅」から徒歩10分
※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。