PAGETOP

《特別展》 池大雅 天衣無縫の旅の画家

2018年4月7日 〜 2018年5月20日

京都国立博物館

所在地:京都府京都市東山区茶屋町527

円山応挙や伊藤若冲など、個性派画家がしのぎを削った江戸時代中期の京都画壇。その活況のなかで、与謝蕪村とともに「南画の大成者」と並び称されるのが池大雅(1723~76)です。その作品は、寡欲で恬淡、きわめて謙虚だったと伝えられる人柄を象徴するかのような、清新で衒いのない明るさに満ちています。
本展では、大雅の初期から晩年にいたる代表作を一堂に集め、その画業の全体像をご紹介します。あわせて、その人となりや幅広い交友関係を示す資料を通して、当時から愛された人間大雅の魅力に迫ります。さらに、大雅が日本各地を訪ねた「旅の画家」であることをふまえ、彼の旅が絵画制作に果たした役割についても検証します。

会 期 2018年4月7日(土)~ 5月20日(日)
会 場 京都国立博物館 平成知新館

休館日 月曜日
     ※ただし4月30日(月・休)は開館。翌5月1日(火)は休館
開館時間  9:30~17:00(入館は17:30まで)
     ※ただし会期中の毎週金・土曜日は20:00まで(入館は19:30まで)

主 催 京都国立博物館、読売新聞社
協 賛 清水建設、大和ハウス工業、野崎印刷紙業、非破壊検査
協 力 日本香堂
 
 
観覧料
一般 1,500円(1,300円)大学生 1,200円(1,000円)高校生 900円(700円)

 ※( )内は20名以上の団体料金。
 ※中学生以下は無料。
 ※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
  (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
 ※大学生・高校生の方は学生証を提示。
 ※キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと、
  各種通常料金より500円引き。
 
 
■関連イベント■
ワークショップ  展覧会期間中の10:30~16:00 (参加受付は15:45まで)  
 指で描こう!指墨画にチャレンジ 
 指で描かれた線は大雅の絵の魅力の一つ、体験して展示をさらに楽しみましょう!
      
 定 員:1日 先着300名
 参加費:無料(ただし、当日の観覧券が必要です)
 所要時間:15分程度
 開催場所:京都国立博物館 平成知新館2F レファレンスコーナー
 解 説:京博ナビゲーター
 対 象:子どもから大人までどなたでも参加できます。
 
  
記念講演会  各日13:30~15:00
4月14日(土) 「西湖への憧れ―大雅の名勝図を体感する―」
 講 師:出光 佐千子 氏(青山学院大学 准教授/出光美術館 学芸員)

4月21日(土)「旅する画家の絵」
 講 師:福士 雄也(京都国立博物館 研究員)

4月28日(土)「池大雅の絵画―あるいは卵の殻と黄身との関係―」
 講 師:佐藤 康宏 氏(東京大学大学院 教授)

5月12日(土)「大雅と蕪村―十便十宜図を中心に―」
 講 師:小林 忠 氏(岡田美術館 館長)
 
 
【会  場】平成知新館 講堂
【定  員】200名
【参加方法】各会の当日12:00~、平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、
      定員になり次第、配布を終了します。聴講無料
      (ただし「池大雅」展の当日の観覧券が必要)。
 
 

◆チケットプレゼント◆

「《特別展》 池大雅 天衣無縫の旅の画家」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

チケット提供:京都国立博物館

お名前
ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

メッセージ
画像認証 captcha

京都国立博物館 
〒605-0931
京都市東山区茶屋町527