PAGETOP

企画展「美術館できもだめし?夏休みちょっとコワイ美術展」

2018年7月7日 〜 2018年9月2日

林原美術館

所在地:岡山県岡山市北区丸の内2-7-15

TEL:086-223-1733

FAX:086-226-3089

本展では「コワイ」をキーワードに様々な館蔵作品をご覧いただきます。

刀剣は身を守り、敵を斃すための武器であり、その斬れ味は持ち主の命運を左右する重要なものでした。江戸時代には試し斬りが盛んに行われ、時代や流派、刀工の知名度によらない、斬れ味本位のランク付けが行われました。金象嵌で試し斬りの結果を茎に記した「脇指 上総守兼重」などは、まさに武器としての「コワイ」一面をあらわしています。美しい絵と流麗な詞書で有名な『平家物語絵巻』には、戦にまつわる「コワイ」場面と共に、目的のためには手段を選ばない、人間の「コワイ」性をも描かれています。
また、河鍋暁斎筆「閻魔・奪衣婆図」など死後の世界を描いた作品共に、正阿弥勝義作「菊花・虫図皿」や逸見東洋作「風神雷神図堆朱盆」など「コワイ」ほどの超絶技巧を駆使した作品も展示いたします。
この他に、『平家物語』に由来する能の演目「藤戸」に用いられる、能面「廿余」などの池田家伝来の能面や能装束もご覧いただけます。
こうした展示品を通じて、人間の業や日本人の死生観をご覧いただきますと共に、暑さをしのぐひと時を美術館でお過ごし下さい。