PAGETOP

生誕110年 片岡球子展

2015年4月7日 〜 2015年5月17日

東京国立近代美術館

所在地:東京都

日本画家・片岡球子(1905-2008)は鮮烈な色彩、大胆にデフォルメされた形、力強い筆使いの画風で知られています。これらは、球子独自のものとして戦後の日本美術院において他の画家の追随を許しませんでした。
 球子の制作は対象をじっくりと観察することから始まりますが 対象に深く没入するのではなく、むしろ対象を咀嚼するかのように、自分の眼に映るものを自分の感覚に引きつけ、独特の色使いと形のとらえ方によってつかみ取ります。歴史上の人物のように眼の前に存在しない対象を描く場合も同様です。現代を生きる人間として描かれる球子の歴史人物画は、他の作家たちが描くものとは全く性格が異なります。
 さらに晩年には裸婦という新たな主題に取り組みます。眼の前の対象に忠実に、その形や重量感を線と色彩によってとらえようとする態度からは、描くことの意味を常に問い続ける球子の意欲がうかがえます。球子のこうした姿勢は、創立当時の日本美術院の作家達の制作態度にも通じ、またこれまでの日本画の枠組みを超えようとする後進の作家達にも大きな刺激となったことでしょう。
 本展では、代表作によって球子の画業をたどるとともに、遺されたスケッチ、資料類もあわせて展示します。作家がどのように眼の前の世界と向き合い、どのようにその世界をとらえたかを示すことで、作家の芸術の本質に迫るとともに、その今日的意味を探ります。
 
 
■片岡球子 略年譜
1905(明治38)年
 1月5日、札幌市に生まれる
1926(大正15/昭和元)年 21歳
 女子美術学校日本画科高等科を卒業。許嫁との結婚を断り画家の道を選ぶ。
 横浜市立大岡尋常高等小学校で教諭を務める傍ら制作に励む
1930(昭和5)年 25歳
 第17回院展に《枇杷》を初出品、入選する
1955(昭和30)年 50歳 
 横浜市立大岡小学校を退職、女子美術大学で教鞭を取る
1962(昭和37)年 57歳
 9月、ヨーロッパへ出発。
 フランス、イタリア、イギリスをめぐり11月帰国(その後も数度、短期間渡欧する)
1966(昭和41)年 61歳 
 愛知県立芸術大学が開校し日本画科の教授となる。
 〈面構〉シリーズの制作を始める
1983(昭和58)年 78歳 
〈ポーズ〉シリーズの制作を始める
1989(昭和64/平成元)年 84歳 
 文化勲章を受章
2008(平成20)年 103歳
 1月16日、急性心不全のため逝去
 
 
 
会期 2015年4月7日(火)~5月17日(日)
 
開館時間 10:00~17:00 (金曜日は10:00~20:00)
      ※入館は閉館30分前まで
 
休館日 月曜日(ただし5 月4 日は開館)

主催 東京国立近代美術館、日本経済新聞社

協賛 損保ジャパン日本興亜、大日本印刷

協力 旭硝子

特別協力 北海道立近代美術館
 
 
観覧料
一般1400(1000)円、大学生900(600)円、高校生400(200)円

 ※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
   中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
 ※それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
 
 
 
 
■イベント情報■
講演会:球子の教え子であるお二人にお話をうかがいます。
 
「先生として、そして作家からの視点」 4月11日(土)14:00~15:30
 
 講 師:山本直彰(画家、武蔵野美術大学特任教授)
 場 所:東京国立近代美術館講堂(地下1階)

 *聴講無料、申込不要、先着140名
 *開場は開演の30分前
 
 
「片岡球子の破格と正統」 5月2日(土) 14:00~15:30
 
 講 師:山梨俊夫(国立国際美術館長)
 場 所:東京国立近代美術館講堂(地下1階)
 
 *聴講無料、申込不要、先着140名
 *開場は開演の30分前

◆チケットプレゼント 終了◆

「生誕110年 片岡球子展」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:東京国立近代美術館

東京国立近代美術館
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
●交通●
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分