PAGETOP

桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち

2015年4月7日 〜 2015年5月17日

京都国立博物館

所在地:京都府

2015年は大坂の陣からちょうど400年にあたります。豊臣から徳川へと天下の趨勢が一変したこの出来事の前後、武士はもとより、絵師もまた熾烈極まる生き残りをかけた戦略を繰り広げました。
 とくに権力者と密接に関わってきた狩野派にとって、この時期は棟梁・永徳の死やライバル・長谷川等伯の台頭、来るべき新時代の覇者の見極めなど、一門にとって最も苦しく、また難しい判断を下さねばならない激動の時代でした。
 本展覧会は、狩野派史上最大のピンチにおちいった慶長年間前後に着目し、永徳没後、「豪壮」から「華麗」へ、さらに新たな為政者・徳川家に対応すべく、「瀟洒淡麗」へと画風を変えていく一大転換の過程を、永徳の後継者たちの作品を一堂にして辿るものです。
 また、この「桃山後期」に焦点をあてた狩野派の展覧会としては、過去最大規模となる、国宝1件、重要文化財23件、重要美術品1件、初公開作品3件を含む69件を出品し、百花繚乱のごとくその才能を花開かせた狩野派絵師たちの競演と戦いの歴史をご紹介します。
 
 
会期
2015年4月7日(火)~5月17日(日)
*会期中、一部の作品は展示替を行います。
【主な展示替:前期=4/7~4/26、後期=4/28~5/17】
 
会場
京都国立博物館 明治古都館(本館)
 
休館日
月曜日 *ただし、5月4日(月・祝)は開館
 
開館時間
9:30~18:00(入館は閉館の30分前まで)
※ただし会期中の毎週金曜日は午後8時まで
 
 
観覧料
一般 1500円(1300円)大学生 1200円(1000円)
高校生 900円(700円)中学生以下無料
 *( )内は団体20名以上。
 *障がい者の方と介護者(1名)は、障がい者手帳などのご提示で無料となります。
 *本料金で平成知新館 名品ギャラリーの展示もご覧いただけます。
 *キャンパスメンバーズは、学生証をご提示いただくと団体料金になります。
 
 
 
■関連イベント■
記念座談会 「日本美術応援団、桃山時代の狩野派を応援する!!」 4月11日(土)13:30~15:00
本展会期中の最初の土曜日に開催!座談会の様子は後日、本展公式サイトにテキスト掲載予定!
 
 会 場:京都国立博物館 平成知新館 講堂(地下1階)
 定 員:200名、聴講料は無料(ただし、本展覧会の観覧券が必要です)
 
 山下裕二(明治学院大学教授・日本美術応援団団長)
 井浦 新(俳優・京都国立博物館文化大使・日本美術応援団団員3号)
 山本英男(京都国立博物館学芸部上席研究員)
 
 ※当日12時より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。
 
 
関連土曜講座  各日13:30~15:00
 
 4月18日 「生き残るか滅びるか、狩野派絵師の華麗なる戦い」 
京都国立博物館上席研究員 山本 英男
 
 4月25日 「新発見の狩野孝信筆「北野社頭遊楽図屏風」を中心に」 
同志社大学教授 狩野 博幸氏
 
 5月2日 「桃山時代の異国趣味」 
京都国立博物館研究員 福士 雄也
 
 5月9日 「早熟の天才、狩野探幽登場」 
成安造形大学教授 小嵜善通氏
 
   ※平成知新館講堂にて開催。定員200名、聴講料は無料(ただし観覧券が必要です)。
   ※当日12時より平成知新館1階グランドロビーにて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了します。

◆チケットプレゼント 終了◆

「桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:京都国立博物館

京都国立博物館
〒605-0931京都市東山区茶屋町527
075-525-2473(テレホンサービス)