PAGETOP

開館30周年記念 没後100年 小林清親展 文明開化の光と影をみつめて

2015年4月5日 〜 2015年5月17日

練馬区立美術館

所在地:東京都

江戸、本所に生まれた小林清親(弘化4~大正4・1847~1915)は幕臣として伏見の戦いにも参戦、江戸城開城を目の当たりにするなど、まさに、江戸の終焉を肌身に感じる青年時代を送っています。
明治9年(1876)、清親は江戸からの変貌を遂げた東京の風景を、銅版画や水彩画を意識し、光と影の表現を駆使した新しい感覚の木版画として世に送り出しました。「光線画」の誕生です。清親はこの新東京風景を次々と発表しセンセーショナルなデビューを果たします。こうした風景画に加えて花鳥画や静物画などを発表。その表現、技術共に頂点に達しますが、明治14年を最後に、好評だった東京風景画をやめ、戯画、社会風刺画を描きジャーナリズムとの関係も深めていきます。明治27年、日清戦争が始まると戦争画を手がけるなど、社会、風俗に応じた、浮世絵師としての仕事を全うしてきましたが、木版画の斜陽には抗あらがえず、出版からは離れ、50歳を過ぎた頃から肉筆画にその活動の場を求めていくことになります。
明治後期からは一線を退き、時代に取り残された浮世絵師の残像と見なされがちな清親でしたが、近年、肉筆画の大作が発見されるなど評価も変わりつつあります。
没後100年の記念展となる本展では、版画・肉筆画・スケッチなど約280点により”最後の浮世絵師”清親を総合的に回顧します。
 
 
【会 期】2015年4月5日(日)―5月17日(日)
 
【休館日】月曜日(ただし、5月4日(月曜・祝日)は開館、5月7日(木曜)休館)
 
【開館時間】10:00―18:00 ※入館は17:30まで
 
【主 催】練馬区立美術館(指定管理者(公財)練馬区文化振興協会)・日本経済新聞社
 
【協 力】横浜美術館
 
【観覧料】
一般 500円(300円)、高校・大学生および65~74歳 300円(200円)、
中学生以下および75歳以上無料、
*( )内は20名以上の団体料金
*その他割引制度あり
 
 
 
■関連事業■ その他のイベントにつきましては美術館ホームページをご確認ください。
浮世絵版画の摺りの実演-葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖波裏」 
 4月25日(土) 第1回目11:00― 、第2回目14:00―(各回約90分)
 
  会 場:美術館ロビー
  解 説:渡邊章一郎(渡邊木版美術画舗)
  *事前申込み不要。(当日の観覧券が必要です)
 
 
学芸員によるギャラリートーク 4月18日(土)、5月9日(土)各日15:00―
 
  会 場:展示室
  *事前申込み不要。(当日の観覧券が必要です)
 
 
記念コンサート 4月19日(日)15:00―
 
  会 場:美術館ロビー
  演 奏:小池 ちとせ(ピアノ/武蔵野音楽大学准教授)
       三宅 進(チェロ/仙台フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者・武蔵野音楽大学講師)
  *事前申込み不要(当日の観覧券が必要です)

◆チケットプレゼント 終了◆

「開館30周年記念 没後100年 小林清親展 文明開化の光と影をみつめて」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:練馬区立美術館

練馬区立美術館
〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16
TEL:03-3577-1821