PAGETOP

松本秋則 オトノフウケイ

2015年3月21日 〜 2015年8月30日

彫刻の森美術館

所在地:神奈川県

松本秋則は、竹を主な素材に用いて組み上げ、音の出るサウンド・オブジェを制作している作家です。
空気の動きを捉えたりモーターを駆使して作品に動きを与え、竹同士がぶつかりこすれ合ったりすることによって生まれる音の連鎖が、素朴で愉快な音楽を奏でます。また、巨大なスクリーンを仕立ててオブジェを投影し、音と映像が織りなす優しく心地よい風景を創出します。
 
本展は、≪Sound Forest≫と≪Sound Garden≫、そして≪Sound Theater≫という3つのインスタレーションにより構成されます。 会場を巡り様々に変化する音と光が繰り広げる一期一会の世界をお楽しみください。
 
松本秋則 略歴
1951 埼玉県に生まれる
1982 音の出る作品<サウンド・オブジェ>の制作を始める
1992 五島記念文化財団の助成でアジア7ヶ国の
   少数民族の芸能を研究
神奈川県平塚市在住
 
<主な個展>
1995 「サウンド of アジア」ストライプ・ハウスギャラリー(東京)
2001 「SUNARI project in BALI」バリ島の水田(インドネシア)
2006 「Bamboo Bank」BankART1929(横浜)
 
<主なグループ展>
1987 「第5回ヘンリー・ムーア大賞展/美ヶ原高原美術館賞」美ヶ原高原美術館(長野 )
1988 「動きの表現」埼玉県立近代美術館
1989 「Japanese Ways, Western Means」クイーンズランド州立美術館(オーストラリア )
1990 「あそびのこころ展」世田谷美術館(東京)
1991 「記憶の風景展」すみだリバーサイドホール・ギャラリー(東京)
1998 「第4回大分アジア彫刻展」朝倉文夫記念公園(大分)
1999 「第9回アジア・アート・ビエンナーレ/グランプリ受賞」バングラデシュ
2002 「ワークショップ 展示」東京都現代美術館
2004 「きょうの はやまに みみをすます」神奈川県立近代美術館・葉山館
2005 「比治山アート・プロジェクト」広島市現代美術館
2008 「木のぬくもりとあそびの中から生まれた形たち展」練区立美術館(東京)
2009 「水と土の芸術祭」松浜町(新潟)
2010 「瀬戸内国際芸術祭」男木島(香川)
2012 「第29回全国都市緑化フェア TOKYO」井の頭恩賜公園(東京)
2013 「OPEN STUDIO 2013 《Sound Theater》」BankART Studio NYK(横浜)
2014 「Bushwick Open Studios 2014」Bogart Studio, Bushwick(ニューヨーク)

 
 
 
【会  期】2015年3月21日(土・祝)―8月30日(日)
 
【開館時間】9:00―17:00 (年中無休・入館は閉館の30分前まで)
 
【休 館 日】なし(年中無休)
 
 
 
【主  催】彫刻の森美術館 (公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団)
 
【後  援】フジサンケイグループ
 
 
【入 館 料】大人1,600円 / 大学・高校生1,200円 / 中学・小学生800円
 
 
 
【ワークショップ】 誰でもミュージシャン
回すだけでリズミカルな音を奏でたり、ひっくり返すと水音を鳴らしながら動き出す、
今まで見たことも聴いたこともない不思議な楽器たち。
松本さんと一緒に不思議な楽器を演奏して、「ミュージシャン」になってみませんか?
 
 
 場 所:彫刻の森美術館 本館ギャラリー テラス

 日 時:5月3日(日)、5月4日(月・祝)、5月5日(火・祝) 12:00―14:00
     8月14日(金)、8月15日(土)、8月16日(日) 11:00―13:00
 
 講 師:松本秋則氏

◆チケットプレゼント 終了◆

「松本秋則 オトノフウケイ」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:彫刻の森美術館

彫刻の森美術館
〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平
Tel.0460-82-1161 Fax.0460-82-1169
 
●交通アクセス
<電車・バスの場合>
JR小田原駅―小田急箱根湯本駅 ― 箱根登山鉄道「彫刻の森」駅下車、徒歩2分
JR小田原駅―小田急箱根湯本駅 ― 箱根登山バス「二ノ平入口」下車、徒歩5分
 箱根登山観光施設めぐりバス「彫刻の森美術館」下車
 
<お車の場合>
東名厚木IC ― 小田原厚木道路 ― 箱根湯本 ― 国道1号線 強羅入口で右折
東名御殿場IC ― 国道138号線 ― 宮ノ下 ― で右折→国道1号線 強羅入口で右折
●駐車場利用台数 400台(有料:乗用車1台500円/1回)