PAGETOP

生誕三百年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村

2015年3月18日 〜 2015年5月10日

サントリー美術館

所在地:東京都

正徳6年(1716)は、尾形光琳(おがたこうりん)が亡くなり、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)と与謝蕪村(よさぶそん)というふたりの天才絵師が誕生した、江戸時代の画壇にとってひとつの画期となりました。
伊藤若冲(享年85、1800年没)は、京都にある青物問屋の長男として生まれ、23歳の時に家業を継ぎますが、30代中頃には参禅して「若冲居士(こじ)」の号を与えられ、40歳で隠居して絵を描くことに本格的に専念します。
一方、与謝蕪村(享年68、1783年没)は、大坂の農家に生まれ、20歳頃に江戸へ出て俳諧を学びます。27歳の時、俳諧の師匠の逝去を機に、北関東や東北地方をおよそ10年間遊歴します。その後40歳頃から京都へうつり俳諧と絵画のふたつの分野で活躍しました。
若冲は彩色鮮やかな花鳥図や動物を描いた水墨画を得意とし、蕪村は中国の文人画の技法による山水図や、簡単な筆遣いで俳句と絵が響き合う俳画を得意としていました。一見すると関連がないようですが、ふたりとも長崎から入ってきた中国・朝鮮絵画などを参考にしています。
本展覧会は、伊藤若冲と与謝蕪村の生誕300年を記念して開催するもので、若冲と蕪村の代表作品はもちろん、新出作品を紹介するとともに、同時代の関連作品を加えて展示し、人物、山水、花鳥などの共通するモチーフによって対比させながら、彼らが生きた18世紀の京都の活気あふれる様相の最も輝かしい一断面をご覧いただきます。
 
 
【会期】3月18日(水)~5月10日(日)
※作品保護のため、会期中展示替をおこないます。
 
【開館時間】10:00~18:00 (金・土は10:00~20:00)
※5月3日(日・祝)、4日(月・祝)は20時まで開館
※4月25日(土)は「六本木アートナイト」のため24時まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
※shop×cafeは会期中無休
 
 
【休館日】毎週火曜日
※5月5日(火・祝)は20時まで開館
 
【主催】サントリー美術館、読売新聞社
【協賛】三井不動産、サントリーホールディングス
 
【入館料】
一般1,300円 (1,100円) 大学・高校生1,000円 (800円)
※中学生以下無料 / ( )内は前売り料金
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料

【サントリー美術館】
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3階

▼一般お問い合わせ:03-3479-8600
▼ホームページhttp://suntory.jp/SMA/

<最寄り駅>
都営地下鉄大江戸線六本木駅出口8より直結
東京メトロ日比谷線六本木駅より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線乃木坂駅出口3より徒歩約3分