PAGETOP

鬼才の画人 谷中安規展1930年代の夢と現実

2015年4月11日 〜 2015年5月17日

岩手県立美術館

所在地:岩手県

谷中安規(たになか やすのり、1897-1946)は、1930年代に活躍した版画家です。この時代、東京は関東大震災から復興を遂げモダンで華やかな顔を見せる一方で、社会は戦時体制へと傾斜し、不安と閉塞感が強まっていました。谷中はそのような新東京を糸の切れた風船のようにふわりふわりと放浪しながら、定職も家族ももたず、貧困と孤独のなかで木版画制作に打ち込みました。
 谷中の作品には、奈良の長谷寺で過ごした幼少期や真言宗豊山派の中学校に通っていた時期に養われた仏教観、また、青年期に暮らした朝鮮の風景といった土着的なイメージに加え、ビル群や劇場、飛行船や潜水艦、外国映画のワンシーンやロボットなど、1930年代特有のモダンなイメージも登場します。土着とモダン、これら二つの対照的なイメージを混ぜ合わせた表現は実に多元的で謎めいており、不思議な魅力をたたえています。
 本展覧会は、夢と現実が織りなす幻想的な谷中の作品約300点を展示し、その表現の変遷や、当時の政治的・社会的動向との関係について再考するものです。谷中の画業を振り返ることは1930年代という時代を見直す試みでもあり、さらには私たちの生きる現代社会をも逆照射してくれることでしょう。
 
 
会  期: 2015年4月11日(土)─5月17日(日)
開館時間: 9:30-18:00(入館は17:30まで)
休 館 日: 月曜日(5月4日は開館)、5月7日
主  催: 岩手県立美術館、公益財団法人岩手県文化振興事業団
後  援: 一般社団法人岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社、
      NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、テレビ岩手、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手、
      ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 ゆうゆう
 
 
観 覧 料
一般800円(650円)、高校生・学生500円(400円)、小学生・中学生300円(250円)
 *( )内は20名以上の団体料金。
 *療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、およびその付き添いの方1名は半額。
 *企画展観覧券で常設展もご覧になれます(4月21日-23日は展示替えのため常設展はご覧いただけません)。
 
 
■関連イベント■
■講演会「重き現実と膨らむ夢」 4月11日(土) 14:00-15:30
 
  講 師:滝沢恭司氏(町田市立国際版画美術館学芸担当係長)
  場 所:ホール
  *参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料。
 
 
■講演会「谷中安規のつぶやきを聞く」 5月2日(土) 14:00-15:30
 
  講 師:原田 光(岩手県立美術館館長)
  場 所:ホール
  *参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料。
 
 
■ アート・シネマ上映会
  谷中安規は大の映画ファンとして知られています。なかでも特に谷中のお気に入りであったとされる
  ドイツ表現主義映画の代表作(サイレント)を特集して上映します。
 
  場 所:ホール
  *参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料。
 
 
「カリガリ博士」 4月26日(日) 14:00-
 (1919年/監督:ロベルト・ヴィーネ/67分/日本語字幕)
 
 
「プラーグの大学生」 5月10日(日) 14:00-
 (1913年/監督:シュテラン・ライ/58分)
*弁士伴奏付きの特別上映です。 [弁士]澤登翠氏 [ピアノ伴奏]新垣隆氏
 
 
「メトロポリス」 5月17日(日) 14:00-
 (1926年/監督:フリッツ・ラング/94分/日本語字幕)
 
 
■学芸員によるギャラリートーク 4月17日(金)、5月1日(金)、5月15日(金) 各日14:00-(30分程度)
 
  場 所:企画展示室
  *参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

◆チケットプレゼント 終了◆

「鬼才の画人 谷中安規展」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:岩手県立美術館

岩手県立美術館
IWATE MUSEUM OF ART
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
 
交通案内
盛岡駅 東口より
・岩手県交通太田線「先人記念館」行き乗車、「県立美術館前」下車
・岩手県交通バス盛南ループ200乗車、「総合プール前」または「アイスアリーナ前」下車、徒歩5分
 
盛岡駅 西口から
・徒歩20分
・タクシー5分