PAGETOP

ルーヴル美術館展 日常を描く − 風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄

2015年2月21日 〜 2015年6月1日

国立新美術館

所在地:東京都

この度、パリのルーヴル美術館のコレクションから厳選された83点を通して、16 世紀から19 世紀半ばまでのヨーロッパ風俗画の展開をたどる「ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」を開催いたします。 「風俗画」とは、人々の日常生活の情景を描いた絵画です。そこには、家事にいそしむ召使い、物乞いの少年、つましい食卓につく農民の家族、庭園に集う貴族の男女など、身分や職業を異にする様々な人々の日常がいきいきと描写されています。一方で、風俗画には必ずしもありのままの現実が描かれているわけではありません。日常の装いのなかに、複雑な道徳的・教訓的な意味が込められていることもあります。これらを読み解いていくことも、風俗画ならではの楽しみといえます。 本展には、17世紀オランダを代表する画家、フェルメールの傑作《天文学者》が初来日するほか、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベンス、ムリーリョ、ル・ナン兄弟、ヴァトー、ブーシェ、シャルダン、ドラクロワ、ミレーなど、各国・各時代を代表する巨匠たちの名画が一堂に会します。 膨大なコレクションを誇るルーヴル美術館だからこそ実現できる、時代と地域を横断する、かつて例を見ない大規模な風俗画展。ヨーロッパ風俗画の多彩な魅力を、是非ご堪能ください。
 
 
【会 期】2015年2月21日(土)―6月1日(月)
【休館日】毎週火曜日休館 ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館
【開館時間】 10:00~18:00 
       金曜日、5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)は
       20:00まで、4月25日(土)は22:00まで入場は閉館の30分前まで
 
【主 催】国立新美術館、ルーヴル美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社
【後 援】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
【特別協賛】野村證券
【協 賛】大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
【協 力】エールフランス航空、日本通運、JR東日本、BS日テレ、CS日テレ、
     ラジオ日本、J-WAVE、InterFM、文化放送、テレビ神奈川
【企画協力】NTVヨーロッパ
 
●本展は,政府による美術品補償制度の適用を受けています。
 
【 観覧料】(税込)
1,600円(一般) 1,200円(大学生) 800円(高校生)
団体1,400円(一般) 1,000円(大学生) 600円(高校生)
中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は
入場無料
 
 
【関連イベント】
アート・トーク「ルーヴル美術館展 アート・トーク」
 *整理券配布
『東京暇人~TOKYO hi-IMAGINE~』公開収録 3月20日(金)18:00-19:00
 
  出 演:山田五郎、平野綾
  会 場:国立新美術館 3階 講堂
  定 員:260名
 
*当日、整理券を配布します(定員に達し次第、配布終了)。
 整理券は10:00から開場10分前まで1階中央インフォメーションで配布します。(お1人様1枚)
*聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要です。
*内容や日時は都合により変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。
*テレビカメラでの収録の際、客席が映り込む場合がありますので、あらかじめご了承ください。
*収録の模様は、後日、日本テレビ「東京暇人」などで放送予定です。
 
 
講演会 *先着順・要観覧券
「風俗画の魅力――レンブラントとフェルメールの時代」4月12日(日)14:00-15:30 
 
  講 師:尾崎彰宏(東北大学大学院教授)
  会 場:国立新美術館 3階 講堂
  定 員:260名
 
*先着順での入場となります。
*聴講は無料ですが、本展の観覧券(半券可)が必要です。
*内容や日時は都合により変更となる可能性があります。あらかじめご了承ください。

◆チケットプレゼント 終了◆

「ルーヴル美術館展 日常を描く − 風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:国立新美術館

国立新美術館
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

交通アクセス
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩約5分
都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩約4分