PAGETOP

日本スペイン交流400周年事業 特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」

2015年3月21日 〜 2015年5月31日

大阪市立自然史博物館

所在地:大阪府

 支倉常長を大使とする慶長遣欧使節団派遣(1613年)から400年にあたる2013年から2014年にかけて、日本とスペインで「日本スペイン交流400周年事業」が企画されました。本展特別「スペイン 軌跡の恐竜たち」は、その一環として、今春、大阪市立自然史博物館で開催いたします。
 
 本展では、中生代白亜紀(約1億4500万年前から6600万年前)のスペインの地層から見つかった肉食恐竜「コンカベナトール」と日本の肉食恐竜「フクイラプトル」が近縁な関係であることから、これらの恐竜を比較するとともに、スペインの様々な恐竜を紹介します。
 
 コンカベナトールは、2010年にイギリスの科学誌「ネイチャー」で発表された、腰部分に奇妙な突起をもち、羽毛や手足の裏の肉球のあとが残る<奇跡的>な保存状態で発見された恐竜です。本展では、その実物化石のほか、復元された全身骨格、生態モデルをあわせて展示します。全身骨格ならび生態モデルは産出国スペインでも展示されておらず、貴重な展覧機会となります。
 
 日本ではこれまで、北アメリカ、南アメリカ、モンゴル、中国などで産出した恐竜化石がしばしば紹介されてきましたが、スペインも世界有数の恐竜化石山地です。これほど大規模なスペイン恐竜展は国内では初めてで、展示物もほぼすべてが関西初公開となります。
 
 
 
会   期:2015年3月21日(土・祝)~5月31日(日)
 
臨時開館日:3月23日(月)・30日(月)、4月6日(月)・27日(月)、5月4日(月・祝)
休 館 日:4月13日(月)・20日(月)、5月7日(木)・11日(月)・18日(月)・25日(月)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
 
主  催:大阪市立自然史博物館、読売新聞社、読売テレビ
後  援:スペイン大使館、大阪スポーツみどり財団(長居植物園)、
      大阪府公衆浴場業生活衛生同業組合
協  賛:大和ハウス工業、ダイワボウ情報システム
 
特別協力:スペイン教育・文化・スポーツ省、カスティーリャ=ラ・マンチャ州、
       カスティーリャ=ラ・マンチャ州立科学博物館、マドリード自治大学、
       スペイン国立通信教育大学
 
 
学術協力:福井県立恐竜博物館
協  力:国立科学博物館、栃木県立博物館、兵庫県立人と自然の博物館、
      北海道大学総合博物館、丹波竜化石工房 ちーたんの館
 
 
 
料  金:大人1.000円(800円)/高大生700円(500円)
      *( )内は20名以上の団体料金
      *中学生以下、障がい者手帳など持参者(介護者1人含む)は無料(要証明書)。

◆チケットプレゼント 終了◆

「日本スペイン交流400周年事業 特別展「スペイン 奇跡の恐竜たち」」の招待券チケット応募は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

チケット提供:大阪市立自然史博物館

大阪市立自然史博物館
536-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL 06-6697-6221
 
■交通
地下鉄御堂筋線「長居(ながい)」駅 
南改札口3号出口から東へ約800m 
JR阪和線「長居」駅東出口からから東へ約1km
近鉄南大阪線「矢田」駅 西へ約1.8km
大阪市バス4号系統「長居東」停留所または4号・24号系統「長居東二丁目」停留所