PAGETOP

Suisen Nakatani Gallery

中谷 翠泉 アートギャラリー

NEW UPDATA

インフォメーションはありません

PROFILE

《 私の書の告白 》

「書」を書く家に生まれたせいか、文字への興味は人一倍であった。初めて古代文字らしきものに出会ったのは15才の頃である。何と言う文字かわからないまま、字形だけが脳裏にはっきりと映った。
それから42年。今もその古代文字と付き合っている。それが、甲骨文字と金文文字である。その文字達は不思議で、勉強も必要だが分かりかけると3500年もの昔の人々の生活や自然の情景が、写 し出されてくる気がする。
今も私が古代文字を書き続けている大きな源は、今、生きている事(喜び、失敗、悲しみなど)を肯定する証として、書の表現をしている。一番古くて新しい古代文字の大きなエネルギーを感じるのである。

中国古代文字の発生は紀元前1500年ごろ。王が天の神意を仰ぐための、天と王の交信のためであったという。人と人をつなぐ文字ではなかった。人間の知的記号になるのはその後である。
原始のエネルギーが内包されている古代文字は、生活、自然、心の風景の姿を形象化した文字であり、 ゆえに生命を感じるのだと思う。

25年ほど前までは、古代文字の形態が面 白くて文字辞典から文字の意味を調べつつ臨書をした。その後、創作活動のひとつとしてテーマが自然に生まれた。初期には造型としての「円」、その後は古典文学の物語の中の-男と女-をテーマとして表現し、現代に至っている。

創作の初期は、古代文字の持つ意味性と造型性とを大切に、初源的な造型であった。現在は、生きている自分自身の存在を形に投影するための抽象的な表現となっている。

書にとって線は命である。一瞬にして引く線は、ありとあらゆる抒情を放ち、蓄積された 全てを吐き出す線である。
紙に向かい筆に自分を託して、一気呵成に書く。その時、書にリズムが生まれるのである。 私の「線」、「形」は、私の人生の楽譜かも知れない。

《 略歴 》

[1946年]
鎌倉に生まれる

[1984年]
「現日展」現日賞。毎年出品
「凌雲書展」凌雲準大賞。毎年出品

[1987年]
「亀甲展」上野の森美術館賞

[1993年]
「三人展」銀座センターポイント

[1994年]
「凌雲書展」凌雲大賞
「+et〜」銀座センターポイント
「五人展」SPACE G5

[1996年]
ハワイにて甲骨、金文を講議
「BOITES IV」箱展。銀座センターポイント
個展 銀座センターポイント

[1997年]
個展 画廊タカコー
「CARREFOUR」交差展。銀座センターポイント
「中日甲骨文書法展」南京金凌美術館
個展 神奈川アートホール

[1998年]
個展 ギャラリー安土
個展 銀座センターポイント

[1999年]
「ベルサイユ祭」フランス友好賞(フランス)
三人展 -陶「超」展- 銀座センターポイント
「日伊現代芸術巨星展」審査員特別 最高賞
「国際インパクトアートフェスティバル」 京都美術館
「バンコク芸術博覧会」 総理大臣賞(タイ)

[2000年]
「世界芸術大聖年祭」 審査員特別 賞(オーストリア)
「芸術協奏文化祭」 ハンガリー100年芸術名誉勲章(ハンガリー)
「国際現代美術展」 (スペイン)
「ARTEX TOKYO 2000」 東京国際フォーラム
「アンデパンダンテ展」 (パリ)
「古と優艶の書画展」 清水寺

[2001年]
「審美社書展」 各年出品
「ユニグランバス」 銀座書廊
「ボージョレ・ヌーボォー・アート展」 新世紀生活調和賞
「墨表現」 10周年記念展
個展 横浜トヨペット本社weins21

[2002年]
「パリ現代日本美術展」 フランス
「スペイン美術賞展」 特別出品 スペイン
「ART MUSEAM」 0美術館
「ル・サロン」 フランス
「EEA21展」 書部門大賞 埼玉県立近代美術館
「現日展」 南不乗賞

[2003年]
個展 ニューヨークWalter Wickiser Gallery

[2004年]
「Aatexpo」 ニューヨーク
「環アジア教育芸術交流展」 タイ 文化功労賞
「Life is Art Exhibition」 横浜赤レンガ倉庫
「Gallery Artists」 ニューヨーク Walter Wickiser Gallery
「ル・サロン」 フランス

[2005年]
「ロシア巡回日本現代書展」 ロシア エカテリンブルグ美術館
『アジアにおける日本美術展」 タイ
『日本芸術祭」 巡回展 
エストニア エストニア国立博物館分館
リトアニア リトアニア美術館分館艫宴hヴィロス宮殿
スロバギア プラチスラバ市立博物館

 1975年〜1994年 山中苔泉に師事
 1980年〜1992年 加藤光峰に師事
 1998年〜    田村空谷に師事

[現在]
現日会理事。凌雲社常任理事。NHKランドマーク教室講師。
西武池袋コミュニティーカレッジ講師。
墨表現主宰。
古代文字研究会会員。

INFORMATION

インフォメーションはありません

INQUIRY

中谷 翠泉へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha

作品名 現存と不在の二重性…乍
サイズ 96×180cm ×2
画 材 画仙紙・墨
完成年 2004年
価 格 応相談
解 説 一枚目の紙には丸。その丸の内側は窓の様に抜いてある。二枚目には、乍という古代文字が書いてある。見えているのは、その一部である(甲骨文字)
作品名 HAKO
サイズ 38×52cm
画 材 画仙紙・墨
完成年 2003年
解 説 みたやまの石室 (甲骨文字)
作品名 大吉
画 材 画仙紙
完成年 2005年
価 格 非売品
解 説 特別な吉を大吉という。それなら、やさしさを感じる大吉であってほしい。 (甲骨文字)
作品名 玄と白
サイズ 180×96cm
画 材 画仙紙・墨
完成年 2005年
価 格 応相談
解 説 色をテーマにした作品
作品名 Love II
サイズ 68×68cm
画 材 画仙紙・墨
完成年 2002年
解 説 N・Yの個展の作品。 男女をテーマにした作品