PAGETOP

Nobuko Takatsuki Gallery

高槻 のぶ子 アートギャラリー

NEW UPDATA

高槻のぶ子個展

EXHIBITION NOBUKO TAKATSUKI AM11:00~PM7:00(最終日は4:00まで)   「視力―移動する視点」 漆喰塗の上に異素材を重ねて粗い下地を作ることを続けています。

インフォメーション一覧

PROFILE

高槻 のぶ子 略歴   NOBUKO TAKATSUKI(JAPAN)
 京都府生まれ・京都成安女子短大美術科(現成安造形大)卒業
 九州芸術工科大(現九州大)聴講生(3年間仏教美術を学ぶ)
 テキスタイルデザイナー・着物染色作家を経て、本格的に絵を描き始める。
 写実の意味を問いながら記憶時間をテーマに描き、現代美術作家として海外展にも出品している。 
 タイルモザイク作家としても作品を発表し、2000年より寝屋川市障害を持つ人の自立支援に携わり、絵画、モザイクを指導している。

 個展 1996~2016まで 20回(京都・大阪・東京)
 主な公募展・企画展
1978 太平洋美術展 鋤雲賞(東京都美術館)
1997 全国水墨画展入賞(東京朝日生命ギャラリー)
1999 国際公募アジア現代美術展 賞候補(東京都美術館)
2000 寝屋川市図書館企画・個展〈宮沢賢治幻想曲〉
2000 大阪国際会議場オープニング行事「日仏アートマルシェ」
     水墨画・モザイク20点展示・2000・2001・2002・2003と出展
2003 公募新陽展 美術館長賞(2004・2005・2006・2007入選)
     信州新町美術館 東京近代美術クラブ
2003 宮沢賢治展   (新神戸オリエンタルホテル)
2004 国際インパクトアート・25回・30回・35回(京都市立美術館)
2004 第10回WORK3000入賞 (東京 青樺画廊)
2005 大阪丸善企画〈墨で描くー高槻のぶ子展〉
2005 タイルモザイク教室展主催・6回まで(枚方市民ギャラリー)
2007 国際現代美術展・リニアート・ゲント(ベルギー)東京北井企画
2009 現代美術インディペンデント8回・9回・10回・CASO(大阪市)
2009 モザイクビエンナーレ・奨励賞・2011・2014・あざみ野(横浜市)
2010 かたやわタイルアート展・2012(ハイアット・リージェンシー)
2010 企画展「水墨画と器」二人展(心斎橋・ギャラリー永井)
2011 こみまる展2011(吹田市民文化町づくりセンター浜屋敷)
2012 A-21国際美術展・日本・Poland展  CASO(大阪市)
2012 国際現代美術展・ART DAEGU  Daegu EXC(韓国)
     エデルより出品
2014 モザイク三人展 (異人館・ラインの館 神戸市)
2014 Aー21国際美術展・大阪・ハンブルグ交流展 CASO(大阪市)
2016 造形「フォルム」第7回展主催 江之子島文化芸術創造センター

 工房「RainTree」主催・絵画教室・タイルモザイク教室講師
   福祉タイルアート「モザイクJOY」代表

   ホームページは高槻のぶ子で検索して下さい

INFORMATION

高槻のぶ子個展

更新日:

2016年5月24日 〜 2016年5月29日

大阪府立江之子島文化芸術創造センター(enoco)Room4 A

EXHIBITION

NOBUKO TAKATSUKI

AM11:00~PM7:00(最終日は4:00まで)
 
「視力―移動する視点」
漆喰塗の上に異素材を重ねて粗い下地を作ることを続けています。

7th  造形「フォルム」展  

更新日:

INQUIRY

高槻 のぶ子へのお問い合わせは次のフォームをご利用ください。

確認画面

お問い合わせ内容を送信しました

ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名

会社名※企業の方は必ず入力してください(例:株式会社エデル)

部署名
お名前


フリガナ セイ

メイ
ご連絡先 電話番号(例:06-6131-2155)

FAX番号
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

お問い合わせ内容
画像認証 captcha

作品名 視力−車窓
サイズ 75×75cm
画 材 パネル仕立、合板・漆喰・アクリル
完成年 2015年
価 格 応相談
解 説 Concept
今まで「視点」という枠の中で気配、気質など、見えないものを描きたいと思い続けていたが、それは皮肉にも現実に見えるものに鈍感になっていることに気付くことになった。今、何を見ているかでなく、何を見ることが出来るかという、「視力」へ思いに切り替えた。
見る行為の曖昧さを超えたいという願望があり、それを画面にどう表現するかという、葛藤もある。
作品名 視力−車窓
サイズ 75×75cm
画 材 パネル仕立、合板・漆喰・アクリル
完成年 2015年
価 格 応相談
解 説 Concept
車窓シリーズを描き続けている。列車に乗るのが好きだという体験に基づいているが、車窓に流れる風景に身をゆだねる心地よさは、私ならずとも誰もが体験されることだろう。
あの長方形の窓枠の中に一瞬流れる風景と私の眼。私の脳はその速さに追いつけるか。科学的な知識はないが、そこには外界に触れ合うわたし自身がいる。
作品名 視力−車窓
サイズ 75×75cm
画 材 パネル仕立、合板・漆喰・アクリル
完成年 2015年
価 格 応相談
解 説 Concept
車窓から見る風景、というよりイメージを描いている。今まで(動き=movement)そのものを描くことを避けていた。それは誰でも出来るやないか、という思いがあった。しかし今、見えるものを可視的に描くことはむずかしいと気づいた。
動き=movementが残す意味は何か。自分の人生も流れ動いているという意味。そして人生の残り、すなわち、死に向っての、その存在証明になるかという、自問も含まれている。
作品名 車窓
サイズ 32×27cm(縦長)
画 材 マーメイド紙・アクリル
完成年 2015年
価 格 40,000円
解 説 Concept
最近筆を使わないで描いている事が多い。勿論道具としての筆は使うが、型紙を彫ったり、ローラーを用いたり、フロッタージュをしたり、である。現代美術には珍しいことではないが、元来私には工芸的な制約の中の自由表現が向いているようである。しかし平面絵画というぎりぎりの線は守っていこうという意識がある。というより超えられないと言うべきか。
作品名 車窓
サイズ 59×59cm
画 材 マーメイド紙・アクリル
完成年 2012年
価 格 応相談
解 説 Concept
動き=movementは感じられるか。
それをテーマに何枚か描いた。物を平面と立体とのぎりぎりのところで描く楽しさと、悩ましさはちょっと病みつきになる。このまま続ければ私の様式(誰でもやっているのだろうが)になるかもしれない。
そう思いながら、次のやり方に進んだ。自分の中に確かなものがあるとは思えないが、求める表現方法に作家としての労力を払う。
作品名 Passing
サイズ 正方形 75×75cm
画 材 パネル仕立、合板・漆喰・アクリル
完成年 2015年
解 説 Concept
絵の枠を脱したいという思いのもとに、しかし制約のある正方形を描き続けている。何枚描いても何もわからないが中心を意識してはいる。中心とは何か、平面を超えたいと思う時、中心はやはり宇宙である。膨らみのある宇宙を、平面の要素で描く。この挑戦は意味があるのだろうか。頭の隅で感じている。
作品名 視力ー視点
サイズ 正方形 75×75cm
画 材 パネル仕立、合板・漆喰・アクリル
完成年 2016年
解 説 Concept
雲はひとつとして同じ形はなく、気象によっても違い、科学的である。雲は意外にも誰とも寄り添わない。しかし、雲に憧れる人の心は抽象的である。雲を描きたいと思っても、この形以外何を描けばいいのか。
作品名 思考ー日常
サイズ 正三角形 105cm
画 材 パネル仕立、合板・タイル
完成年 2016
解 説 Concept
正三角形ー日常 の2作目。
日常というのはありふれたという意味。真っ赤な日常は、何を意味しているか。やはり変わったことをしたいという欲望なのか。
作品名 タイルモザイク
「stratumー地層」
サイズ 31×31cm(縦長)
画 材 合板・タイル・石
完成年 2014年
価 格 28,000円
解 説 Concept
堆積した記憶。浸食された地層。
白いタイルをカツカツと割りながら、終わりのない現象の海の沈黙を表わそうとした作品。
作品名 思考ー日常
サイズ 正三角形 105cm
画 材 パネル仕立、合板・タイル
完成年 2016
解 説 Concept
現代美術の意味を問い続けているが、一定はしない。今は、現代美術の意味は日常だと思って描いている。そんな変わりばえしない日常、少し優しく創って見よう。始めて三角形に挑戦している。始めて知ることも多々あった。わかりきったことだが、無駄がある形だ。あまり経済的ではない。面積は思いの外小さい。宇宙はまだ感じられない。