PAGETOP

臼井仁美/ここに 暮らす木、通う人 where trees grows, where people come.DenchuLab.2018 採択企画>

2019年2月22日 〜 2019年3月3日

旧平櫛田中邸(きゅうひらくしでんちゅうてい)

場所:東京都台東区上野桜木2ー20ー3

DenchuLab.(デンチュウラボ)とは、日本の近代彫刻を拓いた彫刻家・平櫛田中の旧居兼アトリエである旧平櫛田中邸(きゅうひらくしでんちゅうてい)を新たな創作と交流の拠点として再生することを目指し、アーティストの創作活動を応援する公募企画です。選出されたアーティストは田中邸で約一か月半の滞在制作を行い、その成果を発表します。

■期間=2019年2月22日(金)~3月3日(日)11:00~17:00 ※会期中無休
■会場=旧平櫛田中邸アトリエ(東京都台東区上野桜木2-20-3)
*JR日暮里駅、JR鶯谷駅、JR上野駅、千代田線根津駅より徒歩13分
■観覧料=500円
―――
2018年度参加アーティスト・臼井仁美は、古い木材で構成される田中邸を、家屋の形をした「森」と捉えました。田中邸や谷中地域にまつわる植物の?葉標本(さくようひょうほん/押し葉)を中心に、築100年という家屋と現代を生きる私たちの時間軸を交差させる空間を創出します。

<臼井仁美 略歴>
東京都生まれ。東京都を拠点に活動。
2010年 東京藝術大学大学院美術研究科 修了。
最近の主な展覧会に「レジデンス成果展|行為の編纂」(TOKAS本郷、2018)。
人と森との関係に焦点を当て、ものを作る原点を探求する創作活動を行う。
かつて存在したであろう木器時代を想像し、自然を観察していた人々の眼差しと
その営みを現代の日常の中に浮かび上がらせる作品を手掛ける。

<アーティストトーク開催!!>
3月3日(日)田中邸にて、アーティストとゲストを迎え、アーティストトークを行います。詳細はHP、Facebookでお知らせいたします。

―――
主催:でんちゅうず(NPO法人たいとう歴史都市研究会 一般社団法人谷中のおかって)
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:井原市、平櫛弘子氏、東桜木町会

■お問い合わせ=DenchuLab.事務局 dencyu@taireki.com
■HP=http://okatte.info/denchu/
◎Facebook→“DenchuLab”で検索