PAGETOP

「現代美術史」出版記念トークショーアートは何を投げかけるのか? ー商店街で聴く現代アート入門講話ー

2019年11月3日 〜 2019年11月3日

whynot?

場所:東京都目黒区五本木2-13-2 1F

TEL:080-5177-9949

11月3日に『現代美術史 日本、欧米、トランスナショナル』の著者である山本浩貴氏とキュレーターの内海潤也氏をお迎えし、アートが私たちの日常や社会とどのように関係しているのか、日本のアート シーンの現在についてとの対談の形で、分かりやすく解説していただきます。山本浩貴氏の初著作となる、先月17日に中公新書から出版された『現代美術史』は、Amazon 現代美術部門でベストセラー第1位にランクイン。これまでテーマごとに分かれた現代美術の解説書のみであった現代美術の世界を、2018年までを通史で捉えた国内初の著作です。これまで全体像が捉えにくかった現代美術に触れためのガイドブックとして多くの読者から支持されています。
 
今回のイベントは、現代アートの分野で活躍する新進気鋭の研究者とキュレーター内海潤也氏との一夜限りのトークセッションです。難民問題、貧困、差別という社会問題や、震災などの深刻な局面を抱える現代において、 アートは何を映し、また私たちへ何を投げかけているのかを読み解きながら、難解に思われることの多い現代アートの魅力を語っていただきます。