PAGETOP

松岡コレクション―中国動物俑の世界

2018年10月24日 〜 2019年2月11日

松岡美術館

所在地:東京都港区白金台5-12-6

TEL:03-5449-0251

FAX:03-5449-0252

 古代中国では、霊魂は不滅であると考えられており、墓所で先祖の霊魂が不自由なく暮らせるよう、死者とともに木、土、金属などで作った人形‐俑を副葬する風習がありました。俑のなかでも、土を成形し焼き上げた陶俑は原料調達や制作の容易さ、長持ちするといった利点から、様々な地域で長きにわたり作り続けられました。生前の住環境を再現する陶俑の題材は、墓主に仕えた従者や身のまわりの調度品、器皿にとどまらず、犬、鵞鳥、牛、馬、駱駝など多種多様な動物にまで及びます。
本展では館蔵の中国陶磁コレクションより、午年であった創立者 松岡清次郎が好んで蒐集した三彩馬を始めとした漢代から唐代の動物俑を中心に多彩な陶俑の魅力をご紹介いたします。

展覧会名:松岡コレクション―中国動物俑の世界
会期:2018年10月24日(水)~2019年2月11日(月・祝)
会場:松岡美術館 展示室4
開館時間:10:00-17:00 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日 (祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日(土)~1月4日(金))
観覧料:一般800円/中高大生500円/65歳以上・障害者700円
※小学生以下無料
※20名以上の団体は各100円引き

〒108-0071東京都港区白金台5-12-6
TEL:03-5449-0251
FAX: 03-5449-0252
WEB:http://www.matsuoka-museum.jp

【美術館ホームページ】
 http://www.matsuoka-museum.jp/