PAGETOP

企画展 発掘された明石の歴史展 明石の近世Ⅱー出土品が語る城下のくらしー

2018年11月3日 〜 2018年12月9日

明石市立文化博物館

所在地:兵庫県明石市上ノ丸2丁目13番1号

今年で26回目になる企画展「発掘された明石の歴史展」は、昨年の明石城築城時の姿を取り上げた「明石の近世」に続き、江戸時代後半期の姿を紹介します。天和2(1682)年に越前大野から松平直明が明石城に入封して以降、幕末までこの越前松平家が代々藩主を務めました。この時期の遺物は瓦や陶磁器をはじめとして、武家屋敷跡や町屋跡から数多く見つかっています。こうした出土品を通して、城下の変遷や人々の暮らしぶりを紹介します。地中からよみがえった明石の歴史をご堪能ください。
 
 
会 期 2018年11月3日(土・祝)~12月9日(日)
休館日 月曜日
開館時間 9:30~18:30 (入館は18:00まで)
主 催 明石市、明石市立文化博物館
後 援 兵庫県立図書館、公益財団法人兵庫県園芸・公園協会

観覧料 大人 : 200円 大高生 : 150円 中学生以下 : 無料
 ※20名以上の団体は2割引。65歳以上の方、身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
  提示の方(介護が必要な場合は介護者も)は半額
 ※シニアいきいきパスポート提示で無料。
 ※関西文化の日11月23日(金・祝)、24日(土)は観覧料無料。
 
 
■関連イベント■
【1】【2】【3】それぞれに事前申込みが必要です。(応募者多数の場合は抽選)
往復はがきに、「イベント名、参加者全員の氏名、
代表者の氏名・郵便番号・住所・電話番号、参加人数」をご記入のうえ下記まで。
〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号 明石市立文化博物館
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】講演会とシンポジウム ※要申込み(10月20日(土)必着)※要観覧料 
 11月3日(土・祝) 13:00~16:30

 第1部 基調講演 狭川 真一 氏(元興寺文化財研究所副所長)
         「江戸時代の墓と石造品」
 第2部 基調報告
         「姫路の大名墓」多田 暢久 氏(姫路市立城郭研究室)
         「明治藩主の墓」春成 秀爾 氏(国立歴史民俗博物館名誉教授)
 第3部 シンポジウム
          パネラー:狭川 真一 氏・春成 秀爾 氏・多田 暢久 氏
          コーディネーター:丸山 潔 氏(元神戸市教育委員会)

 定 員:80名
 参加費:無料(当日有効の観覧券が必要です)
 
 
【2】展示関連ウォーク ※要申込み(10月20日(土)必着) 
 11月4日(日) 13:30~16:00
 山電人丸前駅改札口 → 長寿院 → 雲晴寺 → 亀の水 → 本松寺 → 明石神社 → 明石市立文化博物館 
 ※全行程歩行距離はおよそ1.8㎞です。

 定 員:20名
 参加費:1人 300円(資料代)
 
 
【3】講演会 ※要申込み(11月20日(火)必着)※要観覧料 
 12月1日(土) 13:30~15:30
 「発掘された城下のくらし」 稲原 昭嘉(明石市文化振興課)
 「明石藩の台場」丸山 潔 氏(元神戸市教育委員会)

 定 員:80名
 参加費:無料(当日有効の観覧券が必要です)

◆チケットプレゼント◆

「企画展 発掘された明石の歴史展 明石の近世Ⅱー出土品が語る城下のくらしー」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

チケット提供:明石市立文化博物館

お名前
ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

メッセージ
画像認証 captcha

明石市立文化博物館
〒673-0846 明石市上ノ丸2丁目13番1号