PAGETOP

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

2018年11月3日 〜 2019年1月20日

国立国際美術館

皆さんは1980年代という時代に、どんな記憶やイメージをお持ちですか。
インターネットも携帯電話も普及していなかった不便で未成熟な時代?それとも好景気に沸き、日本人に自信と活力がみなぎっていた時代?そんな時代の現代美術をふり返るのが本展覧会です。
美術は時代を映し出す鏡のような存在ではないでしょうか。当時の美術を見ることで、私たちはその時代の人々が何を考え、何を楽しみ、社会をどのように捉え、人生をどう生きていたのかを知ることができます。そして、それは今を生きる私たちに、きっと多くの示唆を与えてくれることでしよう。
本展に出品される65名の作家による約100点の作品は、各々がそうした時代の息吹きを深く湛えながら、生き生きとしたメッセージを私たちに語りかけてくれるに違いありません。どうぞ、その声に耳を傾けていただきながら、皆さんにとっての1980年代像を作り上げてみてください。

出品作家
朝比奈逸人、荒敦子、五十嵐彰雄、池垣タダヒコ、石原友明、小田英之、郭徳俊、加納光於、神山明
川島慶樹、川俣正、河原温、北辻良央、北山善夫、橘田尚之、木下佳通代、黒川弘毅、剣持和夫
小林正人、坂口正之、佐川晃司、鴫剛、杉山知子、鈴木省三、諏訪直樹、関口敦仁、高山登
田窪恭治、田嶋悦子、館勝生、辰野登恵子、中川佳宣、長沢秀之、中西學、中原浩大、中村功
中村一美、根岸芳郎、野田裕示、野村仁、畑祥雄、日比野克彦、平林薫、福嶋敬恭、福田美蘭
舟越桂、文承根、堀浩哉、松井紫朗、松井智惠、松尾直樹、松本陽子、宮﨑豊治、森村泰昌、百瀬寿
山倉研志、山部泰司、山本富章、横尾忠則、横溝秀実、吉澤美香、吉野辰海、吉原英里、吉本作次
若林奮

主  催:国立国際美術館
協  賛:ダイキン工業現代美術振興財団
助  成:安藤忠雄文化財団
開館時間:10:00~17:00 ※金曜・土曜は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)

休 館 日:月曜日(ただし、12月24日及び1月14日は開館し、翌日休館)、年末年始(12月28日(金)~1月4日(金))

観覧料
一般900円(600円) 大学生500円(250円)
 ※( )内は20名以上の団体料金  
 ※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
 ※本料金で、同時開催の「コレクション2」もご覧いただけます。
 ※夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜の17:00~20:00)一般700円 大学生400円
 
 
●関連イベント●
ギャラリー・トーク
〈プレミアムフライデー企画〉11月30日(金) 18:00~/

 会 場:B3階 展示室
      ※参加無料(要観覧券)、当日17:30から聴講用ワイヤレス受信機を貸し出します(先着90名)
 
 
講演会「関西ニュー・ウェイブと80年代美術」12月22日(土)14:00~

 講 師:山部泰司(本展出品作家)
 会 場:B1階 講堂
      ※参加無料、先着130名、当日10:00から整理券を配布します
 
 
講演会「アートはこんなにヤワコい ― 80年代は別格だね」12月23日(日・祝) 14:00~

 講 師:篠原資明(高松市美術館館長)
 会 場:B1階 講堂
      ※参加無料、先着130名、当日10:00から整理券を配布します
 
 
講演会 「現代美術の曲がり角 追憶の80年代」1月12日(土) 14:00~

 講 師:安來正博(国立国際美術館主任研究員)
 会 場:B1階 講堂
      ※参加無料、先着130名、当日10:00から整理券を配布します

◆チケットプレゼント◆

「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」招待券をご希望の方は 、展覧会のご感想やその他、日本美術倶楽部へのメッセージ等とともに次のフォームよりご応募下さい。

(お一人様2枚まで)

《応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。また、当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。》

チケット提供:国立国際美術館

お名前
ご住所 郵便番号(例:530-0047)

住 所(例:大阪府大阪市北区西天満4-9-2)

マンション名・ビル名
メールアドレス PCメールアドレスをご入力ください

メッセージ
画像認証 captcha

国立国際美術館
〒530-0005 
大阪府大阪市北区中之島4-2-55